新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

『人虎伝』(隴西李徴、皇族子〜)書き下し文・現代語訳(口語訳)と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加

現代語訳

隴西の李徴は、皇族の子孫でした。
虢略(という土地)に家をかまえていました。
李徴は、若いときから博学で、良い詩を書きました。
二十歳のときに地方長官の推薦を得て官吏登用試験を受け、時の人は(彼のことを)名士と呼んだのでした。
天宝十五年の春、尚書省の右丞であった楊元のもとで、進士科に合格しました。
数年後、江南の尉(という役職)に任命されたのです。
李徴は元来荒っぽい性格であり、自分に才能があることを自負しておごっていました。
(そのため)低い官職に屈することができずにいたので、
つねに不平不満を抱えて楽しむことがありませんでした。
同じ役所の人と会う度に、宴も酣になると、彼らを見ながら言いました。
「(高貴な)私があなたたちと仲間になれようか、いやなれない。」と。


(そのため)李徴の同僚は皆、彼のことを憎んでいました。
任期を満了すると、退官してのんびりと心静かに暮らし、人と接しないことが、一年余りになりました。
すると生活が苦しくなってきたので、東方の呉と楚の国を旅して、地方の長官に(援助を)求めました。
李徴が呉楚地方に住み着いてから1年余りになりましたが、(その土地を去るときに)もらった贈り物はとても大量でした。
(李徴は自宅のある)西の虢略に帰ろうとして、まだたどり着かずにいました。
汝墳(地名)の宿屋に泊まっていたところ、急に病気にかかって正気を失い、
従者をムチで打ったのです。
(従者の)苦しみは耐えられないものでした。
このようなことが十日あまり続いたのですが、病はますますひどくなりました。
(李徴は)いくばくもなく夜にわけも分からず走りだし、その行方がわからなくなってしまいました。

単語・文法解説

弱冠二十歳
尚書右丞尚書省の右丞というポジション
進士科挙試験の中でも最も難しいとされた試験
もともと、元来
倨傲おごり高ぶること
為伍耶「A耶」で「A(せ)んや」と読み反語を表す
間適のんびりと心静かに暮らすこと
逆旅ここでは宿屋の意味
旬余十日あまり


1ページへ戻る
前のページを読む
2/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校 古典B 漢文編』 三省堂
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 72,238 pt 
 役に立った数 78 pt 
 う〜ん数 38 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。