新規登録 ログイン

9_80 文法 / 文法

平家物語『忠度の都落ち(三位これを開けて見て〜)』の品詞分解

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加

「さざなみや志賀の都はあれにしを昔ながらの山桜かな」その身、朝敵となりにし上は、子細に及ばずと言ひながら、うらめしかりしことどもなり。


「さざなみや枕詞
志賀
格助詞
係助詞
あれラ行下二段活用「ある」の連用形
完了の助動詞「ぬ」の連用形
過去の助動詞「き」の連体形
接続助詞
ながら掛詞(接続助詞/名詞)
格助詞
山桜
かな」詠嘆の終助詞
代名詞
格助詞
身、
朝敵
格助詞
なりラ行四段活用・連用形
完了の助動詞・連用形
過去の助動詞・連体形
は、係助詞
子細
格助詞
及ばバ行四段活用・未然形
打消の助動詞・終止形
格助詞
言ひハ行四段活用・連用形
ながら、接続助詞
うらめしかり形容詞・シク活用・連用形
過去の助動詞・連体形
ことども
なり。断定の助動詞・終止形


※現代語訳:平家物語『忠度の都落ち(三位これを開けて見て〜)』の現代語訳|
1ページへ戻る
前のページを読む
3/3
次のページを読む

Tunagari_title
・平家物語『忠度の都落ち(三位これを開けて見て〜)』の品詞分解

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
『教科書 精選古典B 』三省堂
『教科書 高等学校古典B』 第一学習社
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 94,498 pt 
 役に立った数 51 pt 
 う〜ん数 14 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。