manapedia
更新日時:
伊勢物語『小野の雪』の品詞分解(敬語・動詞の活用など)
著作名: 走るメロス
154,960 views

かくしつつまうでつかうまつりけるを、思ひのほかに、御髪下ろして給うてけり。


単語品詞敬意の向き
かく副詞
サ行変格活用「す」の連用形
つつ接続助詞
まうでダ行下二段活用「まうづ」の連用形謙譲語:作者→惟喬親王
つかうまつりラ行四段活用「つかうまつる」の連用形謙譲語:作者→惟喬親王
ける過去の助動詞「けり」の連体形
を、接続助詞
思ひのほかに、ナリ活用の形容動詞「おもひのほかなり」の連用形、または名詞「思ひ」+格助詞「の」+名詞「ほか」+格助詞「に」
御髪
下ろしサ行四段活用「おろす」の連用形
給うハ行四段活用「たまふ」の連用形のウ音便尊敬の補助動詞:作者→惟喬親王
完了の助動詞・連用形
けり。過去の助動詞・終止形



正月に拝み奉らむとて、小野にまうでたるに、比叡の山のふもとなれば、雪いと高し。

単語品詞敬意の向き
正月
格助詞
拝みマ行四段活用「をがむ」の連用形
奉らラ行四段活用「たてまつる」の未然形謙譲の補助動詞:作者→惟喬親王
意志の助動詞「む」の終止形
とて、格助詞または格助詞「と」+接続助詞「て」
小野
格助詞
まうでダ行下二段活用「まうづ」の連用形
たる完了の助動詞「たり」の連体形
に、接続助詞
比叡の山
格助詞
ふもと
なれ断定の助動詞「なり」の已然形
ば、接続助詞
いと副詞
高し。シク活用の形容詞「たかし」の終止形



しひて御室にまうでて拝み奉るに、つれづれといともの悲しくておはしましければ、やや久しく候ひて、いにしへのことなど思ひ出で聞こえけり。

単語品詞敬意の向き
しひて副詞
御室接頭語
格助詞
まうでダ行下二段活用「まうづ」の連用形
接続助詞
拝みマ行四段活用「をがむ」の連用形
奉る謙譲の補助動詞・ラ行四段活用「たてまつる」の連体形
に、接続助詞
つれづれと副詞
いと副詞
もの悲しくシク活用の形容詞「ものがなし」の連用形
接続助詞
おはしましサ行四段活用「おはします」の連用形尊敬語:作者→惟喬親王
けれ過去の助動詞「けり」の已然形
ば、接続助詞
やや副詞
久しくシク活用の形容詞「ひさし」の連用形
候ひハ行四段活用「さぶらふ」の連用形謙譲語:作者→惟喬親王
て、接続助詞
いにしへ
格助詞
こと
など副助詞
思ひ出でダ行下二段活用「おもひいづ」の連用形
聞こえヤ行下二段活用「きこゆ」の連用形
けり。過去の助動詞「けり」の終止形




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。