manapedia
土佐日記『亡児1』(二十七日。大津より浦戸をさして〜)の品詞分解
著作名: 走るメロス
29,051 views

あるラ行変格活用「あり」の連体形
人々
係助詞
副詞
堪へハ行下二段活用「たふ」の未然形
ず。打消の助動詞「ず」の終止形
代名詞
格助詞
に、格助詞
ある連体詞
格助詞
書きカ行四段活用「かく」の連用形
接続助詞
出だせサ行四段活用「いだす」の已然形
完了の助動詞「り」の連体形
歌、
格助詞
格助詞
思ふハ行四段活用「おもふ」の連体形
接続助詞
もの
格助詞
悲しきシク活用の形容詞「かなし」の連体形
係助詞
帰らラ行四段活用「かへる」の未然形
打消の助動詞「ず」の連体形
格助詞
あれラ行変格活用「あり」の已然形
接続助詞
なり断定の助動詞「なり」の連用形
けり詠嘆の助動詞「けり」の終止形
また接続詞
ある連体詞
格助詞
は、係助詞
あるラ行変格活用「あり」の連体形
もの
格助詞
忘れラ行下二段活用「わする」の連用形
つつ接続助詞
なほ副詞
なきク活用の形容詞「なし」の連体形
格助詞
いづら代名詞
格助詞
問ふハ行四段活用「とふ」の連体形
係助詞
悲しかりシク活用の形容詞「かなし」の連用形
ける。詠嘆の助動詞「けり」の連体形


※品詞分解:亡児「十一日、暁に舟を出だして、室津を追ふ〜」の品詞分解

※現代語訳:土佐日記『亡児』(二十七日。大津より浦戸をさして〜)わかりやすい現代語訳と解説

1ページ
前ページ
2/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。