manapedia
更新日時:
戦国策『蛇足』書き下し文・現代語訳(口語訳)と文法解説
著作名: 走るメロス
408,143 views

現代語訳(口語訳)

楚に(※1)祠(まつ)る者有り。
楚の国に、祭祀を司る人がいました。

其の(※2)舍人(※3)卮酒を賜う。
(あるとき)自分の使用人たちに大杯の酒をお与えになりました。



舍人相謂ひて曰く、
(酒をもらった)使用人たちは相談して言うことには、

「数人にて之を飲まば足らず、一人にて之を飲まば(※4)余り有り
(この酒は)数人でこれを飲むには少なく、一人で飲むには余りあるほどだ。

請う地に画(ゑが)きて蛇を(※5)為り、先づ成る者酒を飲まん。と。
(そこで)地面に蛇の絵を描いて、最初に描きあげた者がこの酒を飲むことにしよう。」と。


一人の蛇先づ成る。
(やがて)一人がまず蛇を描きあげました。

酒を引きて且に之を飲まんとす。
(その人は)酒を引き寄せて今にも飲もうとしています。

乃ち左手もて卮(し)を持ち、右手もて蛇を画(ゑが)きて曰く、
そして左手に酒を持ち、右手で蛇を描きながら言うことには、



「吾能く之が足を為る。と。
俺はこれの足を描くことができる(ほど余裕がある)ぞ。」と。


未だ成らざるに、一人の蛇成る。
(その人が蛇の足を)まだ描きあがらないうちに、(他の)一人の蛇が完成しました。

其の卮(し)を奪ひて曰く、
(二番目に蛇を描きあげた人が)その(蛇の足を描いている人が抱えた)酒を奪って言うことには

「蛇固(もと)より足無し。
蛇にはもともと足がない。

子安(いずく)んぞ能く之が足を(※6)為らんや。と。
お前はどうやってその足を描けるというのか、いや描けまい。」と。



遂に其の酒を飲む。
そしてそのまま酒を飲んでしまいました。

蛇の足を(※7)為る者、終(つひ)に其の酒を亡(うしな)ふへり。
蛇の足を描いた者は、とうとうその酒を飲み損ねてしまったのです。

文法解説

再読文字

(ⅰ)且

まさに~(せんと)す」と読み、「今まさに~しようとする」と訳します。 ちなみに、且のかわりに「将」を用いることもあります。

(ⅱ)未

「未〜」で「未だ〜(せ)ず」と読み、「まだ~(し)ない」と訳します。

反語

(ⅲ)安

「いずくんぞ〜」と読み、「どうして~か-いや~ではない」という反語を表す。



単語

(※1)祠る者「祠者」とも。祭祀を司る人、神官
(※2)舎人使用人
(※3)卮酒大きな杯に盛った酒
(※4)余り有り「余り有らん」とも
(※5)為り「為(な)し」とも
(※6)為らんや「為(つく)らん」または「為(な)さんや」とも
(※7)為る「為(な)す」とも


練習問題にチャレンジ!

『蛇足』テストで出題されそうな問題

1ページ
前ページ
2/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。