新規登録 ログイン

18_80 ヨーロッパ・アメリカの変革と国民形成 / アメリカ合衆国の発展

アメリカ合衆国の発展 ③ ~奴隷制と南北戦争~

著者名: エンリケ航海王子
Text_level_2
マイリストに追加

自由州と奴隷州

さて、このような南北の対立は、奴隷制度の是非をめぐっても深まっていきます。特に西部開拓にともなって新しい州が誕生すると、その州を南北どちらに組み込むかという争いになっていきます。

この時期、北部は奴隷制を禁止した11の自由州、南部は奴隷制を許可した11州の奴隷州で成り立っていました。

このように勢力が均衡する中、1820年位新しくミズーリ州が設置されると、南北は再び対立します。最終的にミズーリ州は奴隷州になりますが、これ以降北緯36度30分以北に奴隷州を認めないというミズーリ協定が結ばれます。

奴隷制度廃止運動

こうした中、1852年にストウ夫人という女流作家が『アンクル=トムの小屋』という小説を発表します。

ALT

(アンクル=トムの小屋の挿絵)

この小説は、ケンタッキーを舞台にしたもので、黒人奴隷トムの生涯を通じて、奴隷の悲惨な生活が描かれていました。


この作品は北部の多くの人々に読まれ、北部全体に奴隷制度廃止運動の世論が生まれました。

1854年に入ると、カンザスとネブラスカの2つの地域が将来州に昇格する際に、住民の判断で自由州、奴隷州を選ぶというカンザス=ネブラスカ法という法律が制定し、前に決められたミズーリ協定は破棄され、南北の対立は決定的になります。
1ページへ戻る
前のページを読む
2/3
次のページを読む

Tunagari_title
・アメリカ合衆国の発展 ③ ~奴隷制と南北戦争~

Related_title

Keyword_title

Reference_title
『教科書 世界史B』 山川出版社
『詳説世界史研究』 山川出版社
『世界史B 用語集』 山川出版社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 59,692 pt 
 役に立った数 55 pt 
 う〜ん数 4 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。