manapedia
更新日時:
アルタイ語族とは 世界史用語82
著作名: ピアソラ
254 views
アルタイ語族とは

アルタイ語族とは、トルコ語族、モンゴル語族、満州-通古斯語族の3つの言語族からなる言語の系統です。アルタイ語族の言語は、ヨーロッパのバルカン半島から日本まで、アジアのほぼ全域にわたって1億4千万人以上の人々によって話されています。アルタイ語族の言語は、語彙、形態論、統語論、および一部の音韻論的特徴において顕著な類似性を示しています。しかし、この系統仮説は議論の的となっており、言語学者の間でも一致した見解は得られていません。一部の言語学者は、体系的な音対応の証拠に基づいて、アルタイ語族の言語は共通の祖先から派生したと主張しています。一方、多くの言語学者は、この仮説は憶測に過ぎず、証明されていないと考えています。彼らは、アルタイ語族の言語の類似性は、長期的な接触による影響や地域的な収束の結果であって、共通の起源を示すものではないと主張しています。



アルタイ語族の起源と拡散

アルタイ語族の言語の起源は、中央アジアのステップ地帯にあると考えられています。アルタイ山脈の周辺地域が、アルタイ語族の祖語が発生した場所である可能性が高いと推測されています。また、トルコ語族の話者は常に西部、モンゴル語族の話者は中部、満州-通古斯語族の話者は東部のアルタイ地域に住んでいたと仮定されています。アルタイ語族の話者の領域の拡大は、主に西方や南方への移動の一連の過程として起こりました。これらの移動は、馬の利用によって大きく促進されたと考えられています。これらの移動は、遊牧文化の経済性と、アルタイ語族の話者の特有の軍事的・政治的構造の一部として起こりました。彼らが建てた古代や中世の国家は、多くの場合、不安定であり、高い物質文化を持つ周辺の定住民族の征服によって、最終的には追放される(モンゴル人がほとんどの征服後に経験した運命)か、文化的・言語的に同化される(中国で満州人が経験した運命)という結果になりました。

アルタイ語族の分類と特徴

アルタイ語族の言語は、トルコ語族、モンゴル語族、満州-通古斯語族の3つの言語族に分けられます。トルコ語族は最も多くの言語と話者を含んでおり、約40の言語と1億3千万人以上の話者がいます。モンゴル語族は約10の言語と600万人以上の話者がいます。満州-通古斯語族は最も少なく、約15の言語と7万人以下の話者がいます。アルタイ語族の言語の分類は、論争の的となっており、一つの体系が普遍的に受け入れられているわけではありません。言語の内部分類や、言語族間の関係を示す系統樹は、さまざまな基準や方法に基づいて提案されていますが、決定的な証拠は不足しています。

アルタイ語族の研究の歴史と現状

アルタイ語族の概念は、18世紀に提唱されました。当時は、トルコ語族とモンゴル語族の類似性に注目し、満州-通古斯語族は含まれていませんでした。19世紀には、満州-通古斯語族が加えられ、アルタイ語族の枠組みが確立されました。20世紀に入ると、アルタイ語族の言語の比較研究が進み、音対応や形態素対応などの規則性を明らかにしようとする試みがなされました。しかし、これらの研究は、批判や反論にさらされ、アルタイ語族の系統性を証明するには不十分であるとされました。1950年代以降、アルタイ語族の仮説は、多くの言語学者によって否定されるようになりました。




1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






世界史