manapedia
更新日時:
先史時代とは 世界史用語 69
著作名: ピアソラ
272 views
先史時代とは

先史時代とは、人類が文字を使うようになる前の時代のことを言います。この時代は、地球上で生命が誕生してから始まり、約330万年前に石器を使い始めたヒト科の動物によって文化が形成されました。先史時代は、地域によって異なる時期に文字が発明されたことで終わりを迎えました。文字がないため、先史時代の人類の歴史は、考古学や人類学などの科学的な手法によって復元されています。

先史時代は、主に使用された道具の種類によって、石器時代、青銅器時代、鉄器時代という三時代法に分けられます。石器時代は、最も長く続いた時代で、旧石器時代、新石器時代、銅器時代に細分されます。旧石器時代は、猿人からホモ・サピエンスに進化した時代で、約250万年前から約1万年前まで続きました。この時代には、火の使用、言語の発達、芸術の創造、埋葬の習慣などが見られます。新石器時代は、農業や牧畜の開始、定住生活の始まり、陶器や織物の発明などが特徴的な時代で、約1万年前から約3000年前まで続きました。銅器時代は、金属加工の技術が発達し、銅や青銅の道具や武器が使われた時代で、約3000年前から約1200年前まで続きました。

青銅器時代は、青銅の使用が広まり、都市文明や文字が発展した時代で、約3000年前から約500年前まで続きました。この時代には、エジプト、メソポタミア、インダス、中国などの古代文明が栄えました。鉄器時代は、鉄の使用が普及し、帝国や国家が形成された時代で、約1200年前から約500年前まで続きました。この時代には、ペルシア、ギリシア、ローマ、インド、中国などの強大な勢力が台頭しました。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






世界史