manapedia
更新日時:
「遣わす」あなたは読める?正しい読み方と意味を解説
著作名: 春樹
2,380 views
「遣わす」の正しい読み方

言葉の意味は知っているけどなかなか読むことができない。そんな漢字にフォーカスしていきます。今回は「遣わす」です。このテキストでは「遣わす」の正しい読み方と意味について解説していきます。





「遣わす」の読み方

「遣わす」は「つか(わす)」と読みます。


「遣」

「遣」は中学校レベルの漢字です。訓読みで「ケン」、訓読みで「つか(わす)・や(る)」などと読みます。「や(る)」は常用漢字外の読み方です。

「遣わす」の意味

1 目上の人が目下の者に対して人などを行かせる。やる。派遣する。

2 目上の人が目下の者に物などを与える。賜う。下賜する。

3 古くは「行かせる」「与える」の尊敬語として、「給う」などを付けないで用いる。ご派遣になる。お与えになる。

4 勅撰集などの詞書や目上に対するかしこまる会話・消息で話し手側の動作として用い、物などを与えるのを、与える相手を低めることによって、聞き手に対し丁重に表現する。くれてやります。

5 (補助動詞)動詞の連用形に助詞「て」を添えた形に付いて、相手に対する動作を尊大な気持ちを含めて表す。…してやる。

引用:小学館『デジタル大辞泉』


「遣わす」の使い方

「遣隋使として小野妹子を遣わす。」

まとめ

「遣わす」は「つか(わす)」と読みます。

是非この機会に覚えてくださいね。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学国語