manapedia
更新日時:
「月極」は「げっきょく?」正しい読み方と意味を解説
著作名: 春樹
303 views
「月極」は「げっきょく」じゃない

言葉の意味は知っているけどなかなか読むことができない。そんな漢字にフォーカスしていきます。今回は「月極」です。街中でよく目にする「月極」の駐車場。「げっきょく」または「げつごく」と読んだ人は要注意です。このテキストでは「月極」の正しい読み方と意味について解説していきます。



「月極」の読み方

「月極」は「つきぎめ」と読みます。

「月」

「月」は、音読みで「ゲツ・ガツ」、訓読みで「つき」と読みます。この読み方はみなさんご存知でしょう。問題なのは「極」です。


「極」は音読みでは「キョク・ゴク」、訓読みでは「きわ(める)・き(める)」などと読みますが、「き(める)」と読むことに違和感を覚える人が多いのではないでしょうか。

それもそのはず。「極」自体は小学校で習う漢字ですが、「き(める)」は常用漢字外の読み方なので、学校では教わらないのです。



「月極」の意味

「月極」の意味は「一月間で幾らという契約をすること」

英語だと「マンスリー」といったところでしょうか。つまり「月極の駐車場」とは、1ヶ月単位で契約をする駐車場という意味になります。

なぜ「月決め」ではないの?

わざわざ読みづらい「月極」ではなく、「月決め」とすればいいんじゃないの?と思うかもしれません。諸説ありますが、

「極」には、「決」より、「契約する」、「皆で決める」という意味合いが強そうということと、かなり古い時代から「月極」という言葉が、現在と同じ意味で使われていたらしいということ、が言えるかと思われる。

レファレンス共同データベースより引用


というのが理由の1つなようです。

まとめ

「月極」は「つきぎめ」と読みます。

是非この機会に覚えてくださいね。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学国語