manapedia
更新日時:
古文単語「かまふ/構ふ」の意味・解説【ハ行下二段活用・ハ行四段活用】
著作名: 走るメロス
12 views
かまふ/構ふ

ALT

「かまふ/構ふ」には、①ハ行下二段活用と②ハ行四段活用の用法がある。
①ハ行下二段活用

未然形かまへ
連用形かまへ
終止形かまふ
連体形かまふる
已然形かまふれ
命令形かまへよ


意味1:他動詞

組み立てる、造る、構築する、建造する

[出典]:我が過去 方丈記
「居屋ばかりを構へて、はかばかしく屋を作るに及ばず。」

[訳]:住居だけを造って、しっかりと屋敷全体を建造するまでもない。


意味2:他動詞

用意する、あらかじめ準備する、調えておく

[出典]:瀬尾最期 平家物語
「まことに馬の草なんどをも構へさせよ。」

[訳]:本当に馬の草などもあらかじめ準備させなさい。


意味3:他動詞

計画する、工夫する、たくらむ

[出典]成方の笛 十訓抄
「大夫、笛を取らむと思ふ心の深さにこそ、様々構へけれ...」

[訳]:伏見修理大夫俊綱朝臣の、笛を横取りしようと思う心が強いために、いろいろ(な計画を)企んだのですが...


意味4:他動詞

待ち構える

[出典]:宇治拾遺物語
「来むを構へて殺そうと思ひて...」

[訳]:やってくるのを待ち構えて殺そうと思って...


意味5:自動詞

支度をする、振る舞う

[出典]:玉鬘 源氏物語
「例ならひにければ、かやすく構へたりけれど...」

[訳]:(初瀬参詣は)いつもの習慣にならっていたので、(右近は)簡単に支度をしたのですが...


ハ行四段活用

未然形かまは
連用形かまひ
終止形かまふ
連体形かまふ
已然形かまへ
命令形かまへ


意味1:自動詞

かかわる、関与する、たずさわる

※「かまはず」(またはその活用形)の形で近世に用いられる。
[出典]:冥土の飛脚 近松門左衛門
「旧離切った親子ならば、よいにつけ悪いにつけ、構はぬこととはいひながら...」

[訳]:縁を切った親子ならば、良いことにつけても悪いことにつけても、かかわらないこととは言いながら...。


意味2:自動詞

相手をする、かまう

※「〜にかまふ」(またはその活用形)の形で近世に用いられる。
[出典]:浮世風呂
「わいらに構ふと日が暮れる。」

[訳]:お前らにかまうと日が暮れる。


意味3:他動詞

追放する

※近世に用いられる。
[出典]:鎌倉諸芸袖日記
「この過怠として鎌倉中を構ふ。」

[訳]:この過ちによって鎌倉から追放する


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。