manapedia
更新日時:
古文単語「やにはに/矢庭に」の意味・解説【副詞】
著作名: 走るメロス
2,381 views
やにはに/矢庭に

ALT

副詞

意味

(矢を射た)
その場で、ただちに、いきなり、たちどころに

[出典]木曾最期 平家物語
「...とて、射残したる八筋の矢を、差し詰め引き詰め散々に射る。死生は知らず、やにはに敵八騎射落とす。」

[訳]:...と言って、残した八本の矢を、次から次へと弓につがえて激しく射る。(矢が当たった相手の)生死は認識せず、たちどころに敵八騎を射落とす。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。