manapedia
古文単語「はや/早」の意味・解説【副詞】
著作名: 走るメロス
5,462 views
はや/早

ALT

副詞

意味1

(命令や催促、願望気味に)
早く、急いで

[出典]東下り 伊勢物語
はや舟に乗れ。日も暮れぬ。」

[訳]はやく船に乗れ。日もくれてしまう。


意味2

早くも、すでに、もう、たちまち

[出典]芥川 伊勢物語
「はや夜も明けなむと思ひつつゐたりけるに、鬼はや一口に喰ひてけり。 」

[訳]:はやく夜も明けてほしいと思いながらいたところ、鬼はたちまち一口に(女性を)食べてしまいました。


意味3

もともと、実は

※この用法の場合、下に過去の助動詞「けり」を伴う。
[出典]:祇園女御 平家物語
「变化のものにてはなかりけり。はや人にてぞありける。」

[訳]:化けている物ではなかった。もともと人間だったのである。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。