manapedia
古文単語「かしかまし/かしがまし/囂し」の意味・解説【形容詞シク活用】
著作名: 走るメロス
3,537 views
かしかまし/囂し

ALT

形容詞・シク活用

未然形かしかましくかしかましから
連用形かしかましくかしかましかり
終止形かしかまし
連体形かしかましきかしかましかる
已然形かしかましけれ
命令形かしかましかれ


意味

うるさい、やかましい

[出典]うつくしきもの 枕草子
「鶏の雛の、足高に、白うをかしげに、衣短なるさまして、ひよひよとかしかましう鳴きて...」

[訳]:鶏の雛の、足が長く、白くかわいらしい様子で、丈の短い着物を着ているような姿で、ぴよぴよとやかましく鳴いて...

※「かしかましう」は連用形「かしかましく」のウ音便。


備考

近世以降は「かしがまし」と読む。その場合の活用は以下の通り。
未然形かしがましくかしがましから
連用形かしがましくかしがましかり
終止形かしがまし
連体形かしがましきかしがましかる
已然形かしがましけれ
命令形かしがましかれ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。