manapedia
更新日時:
『神奈備(かむなび)の三室(みむろ)の山を秋行けば錦断ち切る心地こそすれ』現代語訳と品詞分解
著作名: 走るメロス
13,121 views
はじめに

このテキストでは、古今和歌集で詠まれている「神奈備(かむなび)の三室(みむろ)の山を秋行けば錦断ち切る心地こそすれ」という歌について説明していきます。

原文

神奈備(かむなび)の三室(みむろ)の山を秋行けば錦断ち切る心地こそすれ

現代語訳

神がいらっしゃる三室の山を秋の季節に通ってみると、(紅葉の葉が散って体にくっつくので)錦の布を仕立てて着ているような気持ちがすることです。

解説・鑑賞のしかた

散って体に付着する紅葉の様子が、錦の着物を仕立てて着ているようだと詠んだ歌です。

単語

神奈備神の辺り
三室の山「大和の国」の歌枕
たちきる「裁ちて着る」のことで、仕立てて着る
心地こそすれ「こそ~すれ」で係り結び


品詞分解

※名詞は省略しています。

神奈備
格助詞
三室
格助詞
格助詞
行けカ行四段活用・已然形
接続助詞
たちきるカ行上一段活用・連体形
心地
こそ係助詞
すれサ行変格活用・已然形


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。