manapedia
更新日時:
徒然草『神無月のころ』 わかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
192,147 views
徒然草『神無月のころ』

このテキストでは、徒然草の中から「神無月のころ」(神無月のころ、栗栖野といふ所を過ぎて、ある山里にたづね入ることはべりしに〜)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。



※徒然草は兼好法師によって書かれたとされる随筆です。清少納言の『枕草子』、鴨長明の『方丈記』と並んで「古典日本三大随筆」と言われています。
原文

神無月のころ、栗栖野といふ所を過ぎて、ある山里にたづね入ること(※1)はべりしに、はるかなる苔の細道を踏み分けて、心細く住みなしたる庵あり。木の葉に埋(うづ)もるる懸樋のしづくならでは、(※2)つゆおとなふものなし(※3)閼伽棚に菊・紅葉など折り散らしたる、さすがに住む人のあればなるべし。  



かくてもあられけるよと、あはれに見るほどに、かなたの庭に、大きなる柑子の木の、枝もたわわになりたるが、周りをきびしく囲ひたりしこそ、少しことさめて、この木なから(※4)ましかばとおぼえしか。

現代語訳

10月ごろに、栗栖野という所を通り過ぎて、とある山里に(人を)訪ねて分け入ることがあったのですが、遠くまで続いている苔の細道を踏み分けて(行くと)、わざわざもの寂しい状態にして住んでいる草庵があります。木の葉で覆われて見えなくなっている懸樋のしづく(水がしたたり落ちる音)以外には、まったく音を立てるものがありません。閼伽棚に菊の花や紅葉が折って(辺りに)散らばせているのは、そうはいってもやはり住む人がいるからなのでしょう。



こんな様子でも(住んで)いることができるのだなぁと、しみじみと思っていると、向こうの庭に、大きな柑子(みかん)の木で、枝がしなうほど(実が)なっているのですが、(木の)周りを頑丈に囲ってあったのは、少し興ざめして、この木がなければよかったのにと思いました。

次ページ:品詞分解と単語解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。