manapedia
『志賀の浦や遠ざかりゆく波間より凍りて出づる有明の月』 現代語訳と品詞分解・文法解説
>
54,025views
藤原俊成『昔思ふ草の庵の夜の雨に涙な添へそ山ほととぎす』 現代語訳と品詞分解
>
46,514views
西行法師『風になびく富士の煙の空に消えて ゆくへもしらぬわが思ひかな』現代語訳と品詞分解
>
40,039views
高校古文『駒とめて袖うちはらふかげもなし佐野のわたりの雪の夕暮』現代語訳・品詞分解と表現技法
>
45,389views
『山深み春とも知らぬ松の戸に絶え絶えかかる雪の玉水』現代語訳・解説と品詞分解
>
48,259views
『駒とめて袖打ち払ふ陰もなし 佐野のわたりの雪の夕暮れ』の現代語訳と解説
>
30,451views
高校古文『心なき身にもあはれは知られけり鴫立つ沢の秋の夕暮れ』訳・解説・品詞分解
>
31,987views
古文単語「あはれ」の意味・解説【感動詞/名詞】
>
39,489views
『思ひあまりそなたの空をながむれば 霞を分けて春雨ぞ降る』現代語訳と解説
>
16,687views
『夕立の雲もとまらぬ夏の日の かたぶく山にひぐらしの声』の現代語訳と解説
>
20,840views