manapedia
『思ひあまりそなたの空をながむれば 霞を分けて春雨ぞ降る』現代語訳と解説
>
16,389views
土佐日記『海賊の恐れ』 わかりやすい現代語訳と解説
>
26,995views
『大串次郎の徒歩での先陣(畠山、五百余騎で、やがて渡す。~)』 平家物語 わかりやすい現代語訳と解説
>
16,440views
閑吟集『思へど思はぬ振りをしてしゃつとしておりやるこそ底は深けれ』 現代語訳と品詞分解・文法解説
>
14,295views
壬生忠岑 『山里は秋こそことにわびしけれ鹿の鳴く音に目をさましつつ』現代語訳と品詞分解
>
13,495views
『おもかげのかすめる月ぞやどりける春や昔の袖の涙に』 現代語訳と解説・品詞分解
>
14,257views
高校古文『思ひあまりそなたの空をながむれば霞を分けて春雨ぞ降る』現代語訳と解説・品詞分解
>
18,338views
『稲つけばかかる我が手を今夜もか殿の若子が取りて嘆かむ』現代語訳と品詞分解
>
14,195views
『橘の匂ふあたりのうたた寝は夢も昔の袖の香ぞする』現代語訳と品詞分解
>
16,933views
『神奈備(かむなび)の三室(みむろ)の山を秋行けば錦断ち切る心地こそすれ』現代語訳と品詞分解
>
12,786views