新規登録 ログイン
検索条件
タグ 初冠

1

2

3

4

1_80
Text_level_1
伊勢物語『初冠』 ここでは伊勢物語の「初冠」(昔、男初冠して、平城の京、春日の里に〜)の内容とポイントを記しています。 ※詳しい現代語訳・口語訳とその解説はこちら 伊勢物語『初冠』のわかりやすい... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、小倉百人一首や新古今和歌集、 伊勢物語などに収録されている歌「陸奥のしのぶもぢずり誰ゆゑに乱れそめにし我ならなくに」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解をしていま... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集や 伊勢物語などに収録されている歌「春日野の若紫のすり衣しのぶの乱れ限り知られず」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解をしています。 原文 春日野の ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
やる/遣る 「やる」には ①遣る ②破る ③やる(尊敬の助動詞) などの用法があるが、ここでは「①遣る」を扱う。 ラ行四段活用 |未然形|やら| |連用形|やり| |終止形|やる| |連体形|や... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はらから/同胞 名詞 意味 (母親が同じ) 兄弟姉妹。 [出典]: 初冠 伊勢物語 「その里に、いとなまめいたる女はらから住みけり。この男かいまみてけり。」 [訳]:その里に、たいそう若々しくて... (全て読む)
9_80
Text_level_1
みだれそむ/乱れ初む マ行下二段活用 |未然形|みだれそめ| |連用形|みだれそめ| |終止形|みだれそむ| |連体形|みだれそむる| |已然形|みだれそむれ| |命令形|みだれそめよ| 意味:... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いひやる/言ひ遣る ラ行四段活用 |未然形|いひやら| |連用形|いひやり| |終止形|いひやる| |連体形|いひやる| |已然形|いひやれ| |命令形|いひやれ| 意味1:他動詞 (手紙や使い... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いちはやし/逸早し 形容詞・ク活用 |未然形|いちはやく|いちはやから| |連用形|いちはやく|いちはやかり| |終止形|いちはやし|◯| |連体形|いちはやき|いちはやかる| |已然形|いちは... (全て読む)
9_80
Text_level_1
心地/ここち 名詞 意味1 気持ち、気分。 [出典]: 名を聞くより 徒然草 「名を聞くより、やがて面影は推し測らるる心地するを...」 [訳]:名前を聞くとすぐに、(その人の)顔つきの見当をつ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ふるさと/古里/故郷 名詞 意味1 旧都、昔都のあったところ。 [出典]: 初冠 伊勢物語 「思ほえず、ふる里にいとはしたなくてありければ、心地まどひにけり。 」 [訳]:思いもよらず(このよう... (全て読む)

1

2

3

4