新規登録 ログイン
検索条件
タグ 枕草子

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
なのめなり/斜めなり 形容動詞・ナリ活用 |未然形|なのめなら|◯| |連用形|なのめなり|なのめに| |終止形|なのめなり|◯| |連体形|なのめなる|◯| |已然形|なのめなれ|◯| |命令... (全て読む)
9_80
Text_level_1
めもあやなり/目もあやなり 形容動詞・ナリ活用 |未然形|めもあやなら|◯| |連用形|めもあやなり|めもあやに| |終止形|めもあやなり|◯| |連体形|めもあやなる|◯| |已然形|めもあや... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ひきいる/引き入る 「ひきいる」には、 ①ラ行四段活用 ②ラ行下二段活用 の用法がある。 ①ラ行四段活用 |未然形|ひきいら| |連用形|ひきいり| |終止形|ひきいる| |連体形|ひきいる| ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
こころゆく/心行く カ行四段活用 |未然形|こころゆか| |連用形|こころゆき| |終止形|こころゆく| |連体形|こころゆく| |已然形|こころゆけ| |命令形|こころゆけ| 意味1:自動詞 ... (全て読む)
1_80
Text_level_1
枕草子『九月ばかり』 ここでは枕草子の『九月ばかり』(九月ばかり、夜一夜降り明かしつる雨の〜)の内容とポイントを記しています。 ※詳しい現代語訳・口語訳とその解説はこちら 枕草子『九月ばかり』の... (全て読む)
9_80
Text_level_1
のく/退く 「のく」には ①カ行四段活用 ②カ行下二段活用 の用法がある。 また、「しりぞく/退く」、「そく/退く」、「 しぞく/退く」などとは意味が異なるので注意。 ①カ行四段活用 |未然形|... (全て読む)
9_80
Text_level_1
さりぬべし/然りぬべし 連語 ラ行変格活用「さり」の連用形「さる」と完了/確述の助動詞「ぬ」の終止形、そして推量の助動詞の終止形が一語になったもの。 意味1 そうするのが適当である、そうするのが... (全て読む)
9_80
Text_level_1
なにとなし/何と無し 連語 代名詞「なに」と格助詞「と」、そして形容詞「なし」が一語になったもの。 意味1 たいしたことはない、どうということもない。 [出典]: 忠度の都落ち 平家物語 「こと... (全て読む)
9_80
Text_level_1
枕草子『宮に初めて参りたるころ』 ここでは、枕草子の中の『宮に初めて参りたるころ』の「昼つかた、『今日は、なほ参れ』〜」から始まる部分の品詞分解をしています。『宮に初めて参りたるころ』の冒頭部分... (全て読む)
9_80
Text_level_1
よさる/夜さり 名詞 意味 夜になる時分、今夜、夜分。 [出典]: 宮に初めて参りたるころ 枕草子 「下りまほしうなりにたらむ。さらば、はや。夜さりは、とく。」 [訳]:(初めての宮仕えで)退出... (全て読む)

1

2

3

4