新規登録 ログイン
検索条件
タグ 品詞分解

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
宇治拾遺物語『歌詠みて罪を許さるること』 ここでは、宇治拾遺物語の一説『歌詠みて罪を許さるること』の品詞分解を記しています。 ※現代語訳: 宇治拾遺物語『歌詠みて罪を許さるること(今は昔、大隅守... (全て読む)
9_80
Text_level_1
十訓抄『安養の尼の小袖』 このテキストでは、十訓抄の一節『安養の尼上の小袖』(横川の恵心僧都の妹安養の尼のもとに〜)の品詞分解を記しています。 ※十訓抄は鎌倉中期の説話集です。編者は未詳です。 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
紫式部日記「秋の気配」 このテキストでは、紫式部日記の一節「秋の気配」(秋のけはひ入り立つままに、土御門殿のありさま、いはむかたなくをかし〜)の品詞分解を記しています。 ※紫式部日記は、平安時代... (全て読む)
9_80
Text_level_1
蜻蛉日記『あまぐもにそる鷹・鷹を放つ』 このテキストでは、蜻蛉日記の一節『あまぐもにそる鷹』の「つくづくと思ひ続くることは〜」から始まる部分の品詞分解を記しています。書籍によっては『鷹を放つ』や... (全て読む)
9_80
Text_level_1
児のそら寝 このテキストでは、宇治拾遺物語の中の一節、「児(ちご)のそら寝」(これも今は昔、比叡の山に児ありけり〜)の品詞分解を記しています。書籍によっては「稚児のそら寝」と題されるものや、内容... (全て読む)
9_80
Text_level_1
紫式部日記「うきたる世・若宮誕生」 このテキストでは、紫式部日記「うきたる世」(行幸近くなりぬとて〜)の品詞分解を行っています。書籍によっては「若宮誕生」や「水鳥の足」と題するものもあります。 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは紫式部日記の『 女郎花』に収録されている歌「白露はわきてもおかじ女郎花心からにや色の染むらむ」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解をしています。 原文 白露はわきて... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは紫式部日記の『 女郎花』に収録されている歌「女郎花盛りの色を見るからに露のわきける身こそ知らるれ」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解をしています。 原文 女郎花盛... (全て読む)
9_80
Text_level_1
紫式部日記「女郎花」 このテキストでは、紫式部日記「女郎花」(渡殿の戸口の局に見出だせば〜)の品詞分解を行っています。 品詞分解 ※名詞は省略しています。 |渡殿|ー| |の|格助詞| |戸口|... (全て読む)
9_80
Text_level_1
宇治拾遺物語「留志長者のこと」 このテキストでは、宇治拾遺物語に収録されている「留志長者のこと」(帝に憂へ申せば)の品詞分解をしています。 ※前回のテキスト: 「留志長者のこと」(憎しと思しける... (全て読む)

1

2

3

4