新規登録 ログイン
検索条件
タグ 宇治川の先陣

1

9_80
Text_level_1
ひしひしと このテキストでは、古文単語「ひしひしと」の意味、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 副詞 意味1 (物が強くきしむ音を表して) みしみしと、ぎしぎしと。 [出典]: 博... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いかがせむ/如何せむ このテキストでは、古文単語「いかがせむ/如何せむ」の意味、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 成り立ち 副詞「いかが」とサ行変格活用の動詞「す」の未然形「せ」... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ふかし/深し このテキストでは、ク活用の形容詞「ふかし/深し」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 形容詞・ク活用 |未然形|ふかく|ふかから| |連用形|ふかく|ふか... (全て読む)
9_80
Text_level_1
うちとく/打ち解く このテキストでは、古文単語「うちとく/打ち解く」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 「うちとく」には ①カ行下二段活用 ②カ行四段活用 の用法があ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
まゐらす/参らす このテキストでは、古文単語「まゐらす/参らす」の意味、活用、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] 「参らす」には、 ①サ行下二段活用 ②連語 の2つの活用方法があ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語『宇治川の先陣』 ここでは、平家物語の中の『宇治川の先陣』の「ころはころは睦月二十日あまりのことなれば」から始まる部分の現代語訳・口語訳と解説を行っています。書籍によっては『宇治川の先陣... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語『宇治川の先陣』 ここでは、平家物語の中の『宇治川の先陣』の「ころはころは睦月二十日あまりのことなれば」から始まる部分の品詞分解を行っています。書籍によっては『宇治川の先陣争い』などと題... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、平家物語の中の『宇治川の先陣』の「平等院の丑寅、橘の小島が崎より~」から始まる部分の現代語訳・口語訳と解説を行っています。書籍によっては『宇治川の先陣争い』などと題するものも... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、平家物語の中の『大串次郎の徒歩での先陣』(畠山、五百余騎で、やがて渡す〜)の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。書籍によっては「宇治川先陣」などとするものもあるようです... (全て読む)

1