新規登録 ログイン
検索条件
タグ 黒鳥のもとに

1

9_80
Text_level_1
とがむ/咎む このテキストでは、マ行下二段活用の動詞「とがむ/咎む」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] マ行下二段活用 |未然形|とがめ| |連用形|とがめ| |終止... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いでく/出で来 このテキストでは、カ行変格活用の動詞「いでく/出で来」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] カ行変格活用 |未然形|いでこ| |連用形|いでき| |終止... (全て読む)
9_80
Text_level_1
なし/無し/亡し このテキストでは、ク活用の形容詞「なし/無し/亡し」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 形容詞・ク活用 |未然形|なく|なから| |連用形|なく|な... (全て読む)
9_80
Text_level_1
やうなり このテキストでは、古文単語「やうなり」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 助動詞 |未然形|やうなら|◯| |連用形|やうなり|やうに| |終止形|やうなり... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いづれ/何れ このテキストでは、古文単語「いづれ/何れ」の意味、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 「いづれ」には ①代名詞 ②副詞 の用法がある。 ①代名詞 意味1 (複数の人物... (全て読む)
9_80
Text_level_1
白波・黒鳥のもとに 一月二十一日 廿一日、卯の時ばかりに、船出だす。みな人々の船出づ。これを見れば、春の海に秋の木の葉しも散れるやうにぞありける。おぼろげの願によりてにやあらむ、風も吹かず、よき... (全て読む)
9_80
Text_level_1
黒鳥のもとに(白波・かしらの雪) このテキストでは、紀貫之が書いた土佐日記の「黒鳥のもとに(白波・かしらの雪)」の品詞分解を行っています。 ※現代語訳: 『黒鳥のもとに(白波・かしらの雪)』わか... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、紀貫之が書いた土佐日記の一節「黒鳥のもとに(白波・かしらの雪)」(二十一日〜)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] ※土佐日記は平安時代に成... (全て読む)

1