新規登録 ログイン
検索条件
タグ 兼好法師

1

2

3

4

1_80
Text_level_1
徒然草『今日はそのことをなさんと思へど』 ここでは徒然草の冒頭『つれづれなるままに』(つれづれなるままに、日暮らし、硯にむかひて、〜)の内容とポイントを記しています。 [ad 001] ポイント... (全て読む)
1_80
Text_level_1
徒然草『今日はそのことをなさんと思へど』 ここでは 徒然草の一節『今日はそのことをなさんと思へど』(今日はその事をなさんと思へど、あらぬ急ぎ先づ出で来て紛れ暮らし〜)の内容とポイントを記していま... (全て読む)
1_80
Text_level_1
徒然草『九月二十日のころ』 ここでは徒然草の一節『九月二十日のころ』(九月二十日のころ、ある人に誘はれたてまつりて〜)の内容とポイントを記しています。 [ad 001] ポイント・要点 ・女主人... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ひきいる/引き入る 「ひきいる」には、 ①ラ行四段活用 ②ラ行下二段活用 の用法がある。 ①ラ行四段活用 |未然形|ひきいら| |連用形|ひきいり| |終止形|ひきいる| |連体形|ひきいる| ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
くだく/砕く/摧く 「くだく」には ①カ行四段活用 ②カ行下二段活用 の用法がある。 ①カ行四段活用 |未然形|くだか| |連用形|くだき| |終止形|くだく| |連体形|くだく| |已然形|く... (全て読む)
9_80
Text_level_1
おぼえず/覚えず 「おぼえず」は、「副詞」とする解釈と、「連語」(ヤ行下二段活用「おぼゆ」の連用形「おぼゆ」+打消の助動詞「ず」の連用形「ず」が一語になったもの)とする解釈がある。 意味 思いが... (全て読む)
9_80
Text_level_1
きふなり/急なり 形容動詞・ナリ活用 |未然形|きふなら|◯| |連用形|きふなり|きふに| |終止形|きふなり|◯| |連体形|きふなる|◯| |已然形|きふなれ|◯| |命令形|きふなれ|◯... (全て読む)
9_80
Text_level_1
せまる/迫る/逼る ラ行四段活用 |未然形|せまら| |連用形|せまり| |終止形|せまる| |連体形|せまる| |已然形|せまれ| |命令形|せまれ| 意味1:自動詞 (空間的/時間的に) 近... (全て読む)
9_80
Text_level_1
まちとる/待ち取る ラ行四段活用 |未然形|まちとら| |連用形|まちとり| |終止形|まちとる| |連体形|まちとる| |已然形|まちとれ| |命令形|まちとれ| 意味:他動詞 待ち受ける、待... (全て読む)
9_80
Text_level_1
しゃうらうびゃうし/生老病死 名詞 意味 (人として逃れられない) 四苦(生・老・病・死)。 ※仏教用語 [出典]: 世に従はん人は 徒然草 「生老病死の移り来る事、またこれに過ぎたり。」 [訳... (全て読む)

1

2

3

4