新規登録 ログイン
検索条件
タグ 額田王

1

17_80
Text_level_2
天平文化 律令制度は中央集権的な国家運営が目指され、その結果日本各地から様々な富が中央に集まりました。皇族や貴族は、これらの富を享受し、平城京を中心に貴族文化が花開きました。 この文化を聖武天皇... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、額田王が詠んだ歌で、万葉集に収録されている「熟田津に船乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな」の原文、現代語訳(口語訳)、解説そして品詞分解を記しています。 [... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集に収録されている歌「紫草のにほへる妹を憎くあらば 人妻ゆゑに我恋ひめやも」の現代語訳・口語訳と解説、そしてその品詞分解をしています。 [ad 001] ※万葉集... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集に収録されている歌「あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る」の現代語訳・口語訳と解説、そしてその品詞分解をしています。 [ad 001] ※万葉集は、... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「熟田津に 船乗りせしむと 月待てば 潮もかなひぬ 今は漕ぎ出でな」という歌について説明していきます。 原文 熟田津に 船乗りせしむと 月待てば ... (全て読む)

1