新規登録 ログイン
検索条件
タグ 山部赤人

1

9_80
Text_level_1
はばかる/憚る このテキストでは、ラ行四段活用の動詞「はばかる/憚る」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] ラ行四段活用 |未然形|はばから| |連用形|はばかり| |... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、万葉集で詠まれている「春の野にすみれ摘みにと来しわれそ野をなつかしみ一夜寝にける」という歌について説明していきます。 原文 春の野にすみれ摘みにと来し我そ野をなつかしみ一夜寝... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、万葉集で詠まれている「若の浦に潮満ち来れば潟をなみ葦辺をさして鶴鳴き渡る」という歌について説明していきます。 原文 若の浦に潮満ち来れば潟をなみ葦辺をさして鶴鳴き渡る 現代語... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「ぬばたまの夜のふけゆけば久木生ふる清き川原に千鳥しば鳴く」という歌について説明していきます。 原文 ぬばたまの夜のふけゆけば久木生ふる清き川原に... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集に収録されている歌「田子の浦ゆ うち出でてみれば 真白にそ 不尽の高嶺に 雪は降りける」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解をしています。 ※この歌の長歌: 「天... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集に収録されている歌「東の野に炎の立つ見えてかへり見すれば月傾きぬ」の原文、現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解を記しています。 [ad 001] ※万葉集は、... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集に収録されている歌「田子の浦ゆ うち出でてみれば 真白にそ 不尽の高嶺に 雪は降りける」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解を記しています。 ※この歌の長歌: 「... (全て読む)

1