新規登録 ログイン
検索条件
タグ 第一次世界大戦

1

2

3

4

17_80
Text_level_2
日本による中国進出 日露戦争の勝利により、ロシアから日本が引き継いだ旅順・大連の租借権や南満州鉄道の権益は1920~30年代に期限切れになりつつありました。そこで日本は、ヨーロッパの勢力争いに列... (全て読む)
17_80
Text_level_2
憲政擁護運動 日露戦争後、東アジアの強国としての地位を確立した日本は、1907年(明治40年)の帝国国防方針で陸軍を17個師団から25個師団に増師し、海軍では戦艦・巡洋艦各8隻を中心とした八・八... (全て読む)
18_80
Text_level_2
東アジアの民族運動で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 第一次世界大戦と東アジア ・1915年、日本の大隈内閣が中国の袁世... (全て読む)
18_80
Text_level_2
第一次世界大戦のきっかけと終わりで押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 第一次世界大戦のはじまり ・1914年6月28日、オ... (全て読む)
18_80
Text_level_2
国際的諸運動と世界の一体化で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 国際的諸運動のはじまり ・1864年、世界初の国際的な労働... (全て読む)
18_80
Text_level_2
アメリカの繁栄 第一次世界大戦でヨーロッパが荒廃する中、アメリカは兵器の生産と輸出により巨利を得て、債務国から債権国へと変わっていきました。 国土が戦場にならず、戦争の特需によって好景気となっ... (全て読む)
18_80
Text_level_2
第1次世界大戦と1917年のロシア革命 前回のテキストでは、1905年に起こった第1次ロシア革命について見てきました。 今回は、第1次世界大戦による混乱と、1917年の2つの革命を説明します。 ... (全て読む)
18_80
Text_level_2
英露協商の締結 日露戦争によりロシアの極東進出が失敗すると、イギリスはロシアとの対立関係を調整しはじめます。 というのも、ドイツが軍事力を強化してトルコに進出したため、イギリスとドイツの対立が更... (全て読む)
18_80
Text_level_2
イギリスと露仏同盟 三国同盟と露仏同盟の対立という状況にもかかわらず、イギリスは「光栄ある孤立」を続けていました。 なぜなら、イギリスはロシアとは南下政策、フランスとはアジアやアフリカの植民地を... (全て読む)
18_80
Text_level_2
ビスマルクの外交とヴィルヘルム2世 第一次世界大戦がなぜ起こったのか、その理由を知るには、当時の複雑なヨーロッパ情勢を理解する必要があります。 まず、普仏戦争で多くの賠償金をフランスから得たドイ... (全て読む)

1

2

3

4