新規登録 ログイン
検索条件
タグ 孔子

1

2

3

4

17_80
Text_level_2
元禄文化 17世紀末から18世紀はじめの元禄時代には、中国の清王朝成立による海外情勢の安定と、これに伴う徳川幕府の政治・経済的安定により、日本社会は成熟していきました。安定した社会背景により、武... (全て読む)
10_80
Text_level_1
論語『富与貴』 ここでは、論語の中の『富与貴』の書き下し文、現代語訳と解説を行っています。この話には、「とっさの場合、わずかな時間」を意味する「造次顛沛(ぞうじてんぱい)」という言葉がでてきます... (全て読む)
10_80
Text_level_1
論語『子在川上曰』 ここでは、論語の中の『子在川上曰』の書き下し文、現代語訳と解説を行っています。 白文(原文) 子在川上曰、 「逝者如斯夫。不舎昼夜。」 書き下し文 子川上に在りて曰はく、 「... (全て読む)
10_80
Text_level_1
論語『不憤不啓』 ここでは、論語の中の『不憤不啓(憤せずんば啓せず)』の書き下し文、現代語訳と解説を行っています。 白文(原文) 子曰、 「不憤不啓、不悱不発、挙一隅、不以三隅反、則不復也。」 ... (全て読む)
18_80
Text_level_2
春秋戦国時代と諸子百家で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 春秋戦国時代とは ・春秋戦国時代とは、周が犬戎の攻撃を受けて東... (全て読む)
1_80
Text_level_1
論語の「学びてときに之を習う」から始まる節の書き下し文と現代訳です。 【原文】 子曰。學而時習之。不亦説乎。有朋自遠方來。不亦樂乎。人不知而不慍。不亦君子乎。 【書き下し文】 子曰く、学びて時に... (全て読む)
10_80
Text_level_1
中国の思想家孔子が述べたものを弟子たちがまとめたもの、それが論語です。ここでは、論語の第2章「為政第二」の第2、「一言以てこれを蔽(おお)う」の解説をしています。 白文(原文) 子曰、詩三百、一... (全て読む)
10_80
Text_level_1
中国の思想家孔子が述べたものを弟子たちがまとめたもの、それが論語です。ここでは、論語の第2章「為政第二」の第15、「学びて思わざれば則ち罔し」の解説をしています。 [ad 001] 白文(原文)... (全て読む)
10_80
Text_level_1
中国の思想家孔子が述べたものを弟子たちがまとめたもの、それが論語です。ここでは、論語の第2章「為政第二」の第11、「故きを温ねて」の解説をしています。 四文字熟語に温故知新という言葉があります。... (全て読む)
10_80
Text_level_1
中国の思想家孔子が述べたものを弟子たちがまとめたもの、それが論語です。ここでは、論語の第2章「為政第二」の第4、「吾十有五にして学に志す」の解説をしています。 白文(原文) 子曰、吾十有五而志于... (全て読む)

1

2

3

4