新規登録 ログイン
検索条件
タグ

1

2

3

4

18_80
Text_level_1
朱元璋の妻を馬氏といいます。馬氏はよく気が利くし、朱元璋にもよく仕える妻でした。馬氏は幼い頃に父母を失い、亡父の親友であった郭子興に引き取られて養女になりました。 馬氏は、朱元璋が郭子興のもとに... (全て読む)
18_80
Text_level_2
郭子興(かくしこう)は、元末に現れた紅巾軍(こうきんぐん)と呼ばれる、宗教的傾向をもった農民反乱軍の一指導者です。 郭子興は、若い頃はヤクザめいた遊侠の徒と交際していました。もともとは富豪でした... (全て読む)
17_80
Text_level_2
幕政の安定と平和 1651年(慶安4年)の4月、徳川幕府第3代将軍の徳川家光が死去しました。これにより、子の徳川家綱(1641~80)が11歳で第4代将軍職を継ぎました。徳川家光までの幕府は、全... (全て読む)
17_80
Text_level_2
初期の外交 1600年(慶長5年)、関が原の戦いと同年に、オランダのリーフデ号という船が豊後に漂着しました。当時のヨーロッパでは、毛織物産業で富を蓄積していたイギリスと、スペインから独立した新興... (全て読む)
17_80
Text_level_2
南北朝の統一と室町幕府の発展 長期間に続いた動乱も、足利尊氏の孫である足利義満が将軍職につくと、次第に終息していきました。全国の武士も室町幕府の派遣する守護の指揮下に組み込まれ、北朝と対立してい... (全て読む)
18_80
Text_level_2
清の統一で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 女真族とヌルハチ ・中国東北地方には、ツングース系の女真族が住んでいたが、ヌ... (全て読む)
18_80
Text_level_2
明の盛衰と諸地域で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 明の建国 ・フビライ=ハンが建国した元は、14世紀になると贅沢な宮廷... (全て読む)
18_80
Text_level_2
冊封体制とは 冊封体制とは、中国皇帝を頂点とし、周辺諸国の支配者との間に君臣関係を結び成立させた国際秩序のことです。 この根底には、中国の中華思想がありました。 中国は長い間、高度な文明を築いた... (全て読む)
18_80
Text_level_1
はじめに 大航海時代の幕開けと共に、ヨーロッパ各国は次々と世界の市場を求めて活動するのですが、交易とともに盛んに行われたのが、キリスト教宣教師たちによる海外での布教活動でした。 この布教活動は、... (全て読む)
18_80
Text_level_1
よく似ている言葉 「江浙熟すれば天下足る」、「湖広熟すれば天下足る」とは、主に中国の稲作生産地の変遷を表した言葉です。 非常に似ているため、よく試験で問われることも多い言葉です。 しかし、この2... (全て読む)

1

2

3

4