新規登録 ログイン
検索条件
タグ

1

2

3

4

5

6

7

1_80
Text_level_1
伊勢物語『芥川』 ここでは伊勢物語の一節『東下り』の三河編(昔、男ありけり。その男、身をえうなきものに思ひなして〜)の内容とポイントを記しています。 [ad 001] 内容・ポイント 昔京都にい... (全て読む)
1_80
Text_level_1
伊勢物語『芥川』 ここでは伊勢物語の一節『すける物思ひ』(昔、若き男、けしうはあらぬ女を思ひけり〜)の内容とポイントを記しています。 [ad 001] ポイント・要点 ・ある男が、身分の高い女性... (全て読む)
1_80
Text_level_1
徒然草『今日はそのことをなさんと思へど』 ここでは徒然草の冒頭『つれづれなるままに』(つれづれなるままに、日暮らし、硯にむかひて、〜)の内容とポイントを記しています。 [ad 001] ポイント... (全て読む)
1_80
Text_level_1
「はんこ」と「印鑑」 似たような言い回しをするけれど、実は意味が違う。そんな言葉にフォーカスをして連載していきます。今回ははんこと印鑑についてみていきましょう。 [ad 001] はんこ 「はん... (全て読む)
1_80
Text_level_1
徒然草『今日はそのことをなさんと思へど』 ここでは徒然草の一節『今日はそのことをなさんと思へど』(今日はその事をなさんと思へど、あらぬ急ぎ先づ出で来て紛れ暮らし〜)の内容とポイントを記しています... (全て読む)
1_80
Text_level_1
徒然草『九月二十日のころ』 ここでは徒然草の一節『九月二十日のころ』(九月二十日のころ、ある人に誘はれたてまつりて〜)の内容とポイントを記しています。 [ad 001] ポイント・要点 ・女主人... (全て読む)
24_80
Text_level_1
What Does This System Do? We already hinted at the purpose of a skeletal system. Protection and s... (全て読む)
18_80
Text_level_2
朱元璋は、最初は仏教的反乱軍である紅巾軍の一武将として、立場上は仏教徒として戦っていました。しかし明を建国する頃には、儒教的立場を鮮明にしています。では、朱元璋はどのようにして儒教的立場を固めて... (全て読む)
18_80
Text_level_2
朱元璋は明を建国する前に呉国を建てました。それは紅巾軍からの思想的独立を示しています。つまり、呉国の建国を通して、紅巾軍的な革命説から儒教的大義名分説へと脱皮したのです。 どのようなことでしょう... (全て読む)
24_80
Text_level_1
時々、骨格系とその組織には問題が生じます。人間はある種の遺伝病にかかると、骨を必要以上に大きく、そして分厚く成長させてしまうのです。 (遺伝病ではないのですが)先端巨大症は、脳下垂体に影響を及ぼ... (全て読む)

1

2

3

4

5

6

7