新規登録 ログイン
検索条件
タグ 連語

1

2

3

4

5

9_80
Text_level_1
さりぬべし/然りぬべし 連語 ラ行変格活用「さり」の連用形「さる」と完了/確述の助動詞「ぬ」の終止形、そして推量の助動詞の終止形が一語になったもの。 意味1 そうするのが適当である、そうするのが... (全て読む)
9_80
Text_level_1
なにとなし/何と無し 連語 代名詞「なに」と格助詞「と」、そして形容詞「なし」が一語になったもの。 意味1 たいしたことはない、どうということもない。 [出典]: 忠度の都落ち 平家物語 「こと... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あかなくに/飽かなくに 連語 カ行四段活用「あく」の未然形「あか」、打消の助動詞「ず」の古い未然形「な」、接尾語「く」と助詞「に」が一語になったもの。 意味1 (「なくに」が逆説の意味を表し) ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
またの/又の 連語 名詞「また」と格助詞「の」が一語になったもの。 意味1 次の、翌。 [出典]: すける物思ひ 伊勢物語 「今日の入相ばかりに絶え入りて、またの日の戌の時ばかりになむ、からうじ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ぐゎんたつ/願立つ 連語 名詞「願」とタ行下二段活用「たつ」が一語になったもの。 意味 神仏に祈願する、願をかける。 [出典]: すける物思ひ 伊勢物語 「いとかくしもあらじと思ふに、真実に絶え... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あへなむ/敢えなむ 連語 ハ行下二段活用「あふ」の連用形「あへ」と完了の助動詞「ぬ」の未然形「な」、そして意志の助動詞「む」の終止形「む」がが一語になったもの。 意味 仕方なかろう、やむをえまい... (全て読む)
9_80
Text_level_1
さるべきにや/然るべきにや 連語 ラ行変格活用「然り」の連体形「さる」と当然の助動詞「べし」の連体形「べき」、断定の助動詞「なり」の連用形「に」そして疑問の係助詞「や」が一語になったもの。 意味... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はるたつ/春立つ 連語 名詞「春」とタ行四段活用「立つ」が一語になったもの。 意味:自動詞 春になる、立春を迎える。 [出典]: 古今和歌集 「袖ひちてむすびし水のこほれるを春立つけふの風やとく... (全て読む)
9_80
Text_level_1
よになし/世に無し 連語 名詞「よ」と格助詞「に」、そしてク活用の形容詞「なし」が一語になったもの。 意味1 この世に存在しない。 [出典]:鳥は 枕草子 「鳶、鳥などのうへは、見入れ聞き入れな... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いまはかく/今は斯く 連語 名詞「今」、係助詞「は」そして副詞「かく」が一語になったもの。 意味 もはやこれまで、これが最期。 [出典]:平家物語 「人々今はかくとて海に沈みしありさま...」 ... (全て読む)

1

2

3

4

5