新規登録 ログイン
検索条件
タグ 大納言死去

1

9_80
Text_level_1
平家物語 大納言死去 かくて四五日過ぎければ、信俊、 「これに候ひて、御最後の御有様見参らせむ。」 と申しければ、あづかりの武士、難波次郎経遠、かなふまじき由しきりに申せば、力及ばで、 「さらば... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語 大納言死去 信俊これをたまはつて、遥々と備前国有木の別所へ尋ね下る。先あづかりの武士、難波次郎経遠に、案内を云ひければ、心ざしの程を感じて、やがて見参に入れたりけり。大納言入道殿は、只... (全て読む)
9_80
Text_level_1
しきりに/頻りに このテキストでは、古文単語「しきりに/頻りに」の意味、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 副詞 意味1 絶えず、繰り返し、何度も、しつこく。 [出典]: 馬のはな... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語 大納言死去 さる程に、法勝寺の執行俊寛僧都、平判官康頼、この少将相ぐして、三人薩摩潟鬼界が島へぞ流されける。彼島は都を出でて遥々と、浪路を凌いで行く所なり。おぼろげにては舟も通はず、島... (全て読む)

1