新規登録 ログイン
検索条件
タグ 証明

1

2

3

4

13_80
Text_level_1
円の接線の長さ 円Oの外にある任意の点Pから、円Oに2本の接線を引き、円との交点をそれぞれA、Bとする。このときPA=PBとなる。 このテキストでは、この定理を証明します。 証明 △AOPと△B... (全て読む)
14_80
Text_level_1
π−θの三角関数の公式 sin(θ+π)=−sinθ cos(θ+π)=−cosθ tan(θ+π)=tanθ の公式を利用して、次の公式を証明してみましょう。 sin(π−θ)=sinθ co... (全て読む)
12_80
Text_level_1
内接円とは 図のように、三角形の3辺に接する円のことを、△ABCの内接円といいます。 △ABCの面積を"S"、その内接円の半径を"r"としたとき、次の公式が成り立ちます。 S= \frac{1}... (全て読む)
14_80
Text_level_1
解と係数の関係 数学Ⅰで、 2次方程式の解と係数の関係について学習したかと思います。どういうものかというと、 2次方程式"ax²+bx+c=0"の2つの解を"α"と"β"としたとき、 \alph... (全て読む)
14_80
Text_level_1
定積分と微分法 ここでは、次の公式を証明していきます。 \frac{d}{dx} \int_{a}^{x} f(t)dx=f(x) 要するに、 \int_{a}^{x} f(t)dx をxで微分... (全て読む)
12_80
Text_level_1
余弦定理の証明 余弦定理を証明するためには、△ABCにおいて次の3パターンを考える必要があります。 ・∠Aと∠Bが鋭角の場合 ・∠Aが鈍角の場合 ・∠Bが鈍角の場合 ここでは、∠Aが鈍角の場合に... (全て読む)
13_80
Text_level_1
方べきの定理 方べきの定理とは、2つの弦の延長線上の交点をPとするとき PA×PB=PC×PDが成り立つことを言います。 この定理を証明してみましょう。 証明 まず、△ACPと△BDPにおいて、... (全て読む)
14_80
Text_level_1
恒等式 前回は ax ^{2} +bx+c=0 がxについての恒等式である場合、 a=b=c=0 であることを証明しました。 今回はその続きです。 恒等式における決め事 ax ^{2} +bx+... (全て読む)
12_80
Text_level_1
三角比で三角形の面積を求める方法の証明 △ABCにおいて、次の公式が成り立つ。 S= \frac{1}{2} bc \sin A= \frac{1}{2} ca \sin B= \frac{1}... (全て読む)
14_80
Text_level_1
実数の平方 a \neq 0 であれば a ^{2} >0 は常に成り立ちます。また a=0 であれば a ^{2} =0 もまた成り立ちます。 このことから、実数aとbにおいて a ^{2} ... (全て読む)

1

2

3

4