新規登録 ログイン
検索条件
タグ 枕草子

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
二月つごもり比に 二月つごもり比に、風いたう吹きて、空いみじうくろきに、雪少しうち散りたるほど、黒戸に主殿司(とものづかさ)きて、 「かうてさぶらふ」 といへば、よりたるに、 「これ、公任の宰相... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『木の花は』 このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の中から「木の花は」(木の花は、濃きも薄きも紅梅〜)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] 原文 木の花は、濃きも薄... (全て読む)
9_80
Text_level_1
人ばへするもの 人ばへするもの。ことなることなき人の子の、さすがにかなしうしならはしたる。しわぶき。はづかしき人にものいはむとするに、先に立つ。 あなたこなたにすむ人の子の、四つ五つなるは、あや... (全て読む)
9_80
Text_level_1
「やうなり」の意味・活用・使用例【助動詞】 このテキストでは、古文単語「やうなり」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 助動詞 |未然形|やうなら|◯| |連用形|やう... (全て読む)
9_80
Text_level_1
おいばむ/老いばむ このテキストでは、マ行四段活用の動詞「おいばむ/老いばむ」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] マ行四段活用 |未然形|おいばま| |連用形|おいば... (全て読む)
9_80
Text_level_1
内裏の局 内裏の局(つぼね)、細殿、いみじうをかし。 上の蔀(しとみ)あげたれば、風いみじう吹き入れて、夏もいみじう涼し。 冬は、雪あられなどの、風にたぐひて降り入りたるも、いとをかし。 狭くて... (全て読む)
9_80
Text_level_1
わびしげなり/侘びしげなり このテキストでは、ナリ活用の形容動詞「わびしげなり/侘びしげなり」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 形容動詞・ナリ活用 |未然形|わびし... (全て読む)
9_80
Text_level_1
きぬながなり/衣長なり このテキストでは、ナリ活用の形容動詞「きぬながなり/衣長なり」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 形容動詞・ナリ活用 |未然形|きぬながなら|... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はなやかなり/花やかなり/華やかなり このテキストでは、ナリ活用の形容動詞「はなやかなり/花やかなり/華やかなり」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 形容動詞・ナリ活... (全て読む)
9_80
Text_level_1
まもる/守る/護る このテキストでは、ラ行四段活用「まもる/守る/護る」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] ラ行四段活用 |未然形|まもら| |連用形|まもり| |終... (全て読む)

1

2

3

4