新規登録 ログイン
検索条件
タグ 伊勢物語

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
心地/ここち このテキストでは、古文単語「心地/ここち」の意味、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] 名詞 意味1 気持ち、気分。 [出典]: 名を聞くより 徒然草 「名を聞くより... (全て読む)
9_80
Text_level_1
たえいる/絶え入る このテキストでは、ラ行四段活用の動詞「たえいる/絶え入る」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] ラ行四段活用 |未然形|たえいら| |連用形|たえい... (全て読む)
9_80
Text_level_1
のどけし/長閑けし このテキストでは、ク活用の形容詞「のどけし/長閑けし」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 形容詞・ク活用 |未然形|のどけく|のどけから| |連用... (全て読む)
9_80
Text_level_1
やや/良/稍/漸 このテキストでは、古文単語「やや/良/稍/漸」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 「やや」には ①副詞 ② 感動詞 などの用法があるが、ここでは「①... (全て読む)
9_80
Text_level_1
すう/据う このテキストでは、ワ行下二段活用の動詞「すう/据う」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] ワ行下二段活用 |未然形|すゑ| |連用形|すゑ| |終止形|すう... (全て読む)
9_80
Text_level_1
さても/然ても このテキストでは、古文単語「さても/然ても」の意味、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 「さても」には ①副詞 ②接続詞 ③感動詞 の用法がある。 ①副詞 意味1 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
こととふ/言問ふ このテキストでは、ハ行四段活用の動詞「こととふ/言問ふ」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] ハ行四段活用 |未然形|こととは| |連用形|こととひ|... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、伊勢物語の83段『 小野の雪』などに収録されている歌「枕とて草ひき結ぶこともせじ秋の夜とだに頼まれなくに」の原文、現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解を記しています... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いたづらになる/徒らに成る このテキストでは、古文単語「いたづらになる/徒らに成る」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 成り立ち 形容動詞「いたづらなり」の連用形「い... (全て読む)
1_80
Text_level_1
伊勢物語『芥川』 ここでは伊勢物語の一節『東下り』の三河編(昔、男ありけり。その男、身をえうなきものに思ひなして〜)の内容とポイントを記しています。 [ad 001] 内容・ポイント 昔京都にい... (全て読む)

1

2

3

4