新規登録 ログイン
検索条件
タグ 由来

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集の第5巻に収録されている「わが園に梅の花散るひさかたの天より雪の流れ来るかも」(八二二)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。この和歌は、平成の次の元号で... (全て読む)
5_80
Text_level_1
【美利河ダム】の読み方と由来 日本各地には、漢字の読み方が一般的なものではない難読地名がたくさんあります。地名の読み方と由来を知ることでその土地の意外な歴史を知ることができるかもしれません。 今... (全て読む)
1_80
Text_level_1
「帳」の正しい読み方 言葉の意味は知っているけどなかなか読むことができない。そんな漢字にフォーカスしていきます。今回は「帳」です。一般的には「ちょう」と読みますが、ここではそれ以外の読み方につい... (全て読む)
5_80
Text_level_1
【鶏冠井】の読み方と由来 日本各地には、漢字の読み方が一般的なものではない難読地名がたくさんあります。地名の読み方と由来を知ることでその土地の意外な歴史を知ることができるかもしれません。 今回は... (全て読む)
5_80
Text_level_1
【京都郡】の読み方と由来 日本各地には、漢字の読み方が一般的なものではない難読地名がたくさんあります。地名の読み方と由来を知ることでその土地の意外な歴史を知ることができるかもしれません。 今回は... (全て読む)
5_80
Text_level_1
【碑文谷】の読み方と由来 日本各地には、漢字の読み方が一般的なものではない難読地名がたくさんあります。地名の読み方と由来を知ることでその土地の意外な歴史を知ることができるかもしれません。 今回は... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集の第5巻に収録されている「春柳かづらに折りし梅の花誰か浮かべし酒杯の上に」(八四〇)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。この和歌は、平成の次の元号である... (全て読む)
1_80
Text_level_1
月の名前 古典を読むうえで、月の名前を知っていることは大前提です。 1月は睦月、2月は如月、3月は弥生といったように各月は、それぞれ現在とは違った名前で呼ばれていました。 名前が、3月生まれなの... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集の第5巻に収録されている「梅の花折りかざしつつ諸人の遊ぶを見れば都しぞ思ふ」(八四三)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。この和歌は、平成の次の元号であ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集の第5巻に収録されている「梅の花散らくはいづくしかすがにこの城の山に雪は降りつつ」(八二三)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。この和歌は、平成の次の元... (全て読む)

1

2

3

4