新規登録 ログイン
検索条件
タグ 現代語訳

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
伊勢物語『すける物思ひ』 このテキストでは、伊勢物語の第40段『すける物思ひ』(昔、若き男、けしうはあらぬ女を思ひけり〜)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] ※伊勢物... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集に収録されている歌「思ひあまりそなたの空をながむれば 霞を分けて春雨ぞ降る」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解を行っています。 原文 雨の 降る日、女に ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『藤壺の入内』 このテキストでは、 源氏物語「桐壷」の章の一節『藤壺の入内』(源氏の君は、御あたり去り給はぬを〜)の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。書籍によっては『藤壺の... (全て読む)
9_80
Text_level_1
大鏡『雲林院の菩提講』 ここでは、大鏡の中の『雲林院の菩提講(先つころ、雲林院の菩提講に詣でて〜)』の現代語訳・口語訳とその開設を記しています。 [ad 001] ※大鏡は平安時代後期に成立した... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にしてください。 【源氏物語 原文】 限りあれば、さのみもえ留めさせたまはず、御覧じだに送らぬおぼつかなさを、言ふ方なく思ほさる。いとにほひやかにうつくしげなる人の、... (全て読む)
10_80
Text_level_1
秋夜寄丘二十二員外 タイトルである「秋夜寄丘二十二員外」の丘二十二とは、「丘さんところの22男」と訳すので、タイトルを現代語訳するなら、「秋の夜に、丘家の二十二男である員外に手紙を出した。」とな... (全て読む)
9_80
Text_level_1
更級日記『物語・源氏の五十余巻』 ここでは、更級日記の中の一節『物語』の「かくのみ思ひくんじたるを〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をおこなっています。書籍によっては「源氏の五十余巻... (全て読む)
10_80
Text_level_1
孟子『無恒産而有恒心者』 ここでは、孟子の中の梁恵王編から『無恒産而有恒心者・恒産無くして恒心有る者』の現代語訳(口語訳)、書き下し文とその解説を行っています。 原文(白文) 孟子曰、 「無恒産... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集の第5巻に収録されている「梅の花今咲けるごと散り過ぎずわが家の園にありこせぬかも」(八一六)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。この和歌は、平成の次の元... (全て読む)
10_80
Text_level_1
十八史略『荊軻』 ここでは「十八史略」の中の『荊軻』という話の「軻至咸陽」から始まる部分の書き下し文・現代語訳(口語訳)とその解説を行っています。 [ad 001] ※ここで扱っているのは 史記... (全て読む)

1

2

3

4