新規登録 ログイン
検索条件
タグ 連語

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
はるさる/春さる ※名詞「春」とラ行四段活用「さる」が一語になったもの。 連語 意味 春が来る、春になる。 [出典]: 万葉集 「春さればまづ咲くやどの梅の花ひとり見つつや春日暮らさむ」 [訳]... (全て読む)
9_80
Text_level_1
まくほし/まく欲し ※推量の助動詞「む」の未然形「ま」と接尾語「く」、そしてシク活用の形容詞「ほし」が一語になったもの。 連語 意味 〜たいと思う、〜が願わしい、〜が望ましい。 [出典]: さら... (全て読む)
9_80
Text_level_1
むかしおぼゆ/昔覚ゆ ※名詞「むかし」とヤ行下二段活用「おぼゆ」が一語になったもの。 連語 |未然形|むかしおぼえ| |連用形|むかしおぼえ| |終止形|むかしおぼゆ| |連体形|むかしおぼゆる... (全て読む)
9_80
Text_level_1
なんぞ/何ぞ ※「なんぞ」は ①副詞 ②連語 としての用法がある。 ①副詞 意味1 (疑問の意味で) どうして〜か。 [出典]: ある人、弓射ることを習ふに 徒然草 「なんぞ、ただ今の一念におい... (全て読む)
9_80
Text_level_1
さればこそ/然ればこそ ラ行変格活用「さり」の已然形「され」、接続助詞「ば」そして係助詞「こそ」が一語になったもの。 連語 意味1 思った通り、やはりそうだ。 [出典]: 火鼠の皮衣 竹取物語 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
さしあたりて/差し当たりて 副詞 ※「連語」とする解釈もある。 意味 今のところ、目下。 [出典]: 桐壷 源氏物語 「父の大納言は亡くなりて、母北の方 なむ古の人の由あるにて、親うち具し、さし... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あへなむ/敢えなむ 連語 ハ行下二段活用「あふ」の連用形「あへ」と完了の助動詞「ぬ」の未然形「な」、そして意志の助動詞「む」の終止形「む」がが一語になったもの。 意味 仕方なかろう、やむをえまい... (全て読む)
9_80
Text_level_1
かねて/予ねて ※「かねて/予ねて」は ①副詞 ②連語 としての用法がある。 ①副詞 意味1 前もって、以前から、あらかじめ。 [出典]: 平泉 奥の細道 「かねて耳驚かしたる二堂開帳す。」 [... (全て読む)
9_80
Text_level_1
しぬはゆ/偲はゆ ハ行四段活用「しぬふ」の未然形「しぬは」と上代の自発の助動詞「ゆ」が一語になったもの。 連語 意味 自然に思い出される、しのばれる。 [出典]: 万葉集 「瓜食めば子ども思ほゆ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
とかや 連語 格助詞「と」、係助詞「か」そして間投助詞「や」が一語になったもの。下記の「意味2」では、全体を終助詞ととらえることもできる。 意味1 〜とかいう、〜とかいう人、〜とかいう物。 [出... (全て読む)

1

2

3

4