新規登録 ログイン
検索条件
タグ 連語

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
こぞりて/挙りて ラ行四段活用「こぞる」の連用形「こぞり」と、接続助詞「て」が一語になったもの。 連語 意味 全員で、一人残らず、すべて。 [出典]: 東下り 伊勢物語 「...とよめりければ、... (全て読む)
9_80
Text_level_1
げんざんにいる/見参に入る 名詞「見参」と動詞「入る」が一語になったもの。 連語 「見参に入る」は、「入る」が ①ラ行四段活用(自動詞) ②ラ行下二段活用(他動詞) の場合とで意味が異なる。 ①... (全て読む)
9_80
Text_level_1
なむ/なん 「なむ/なん」には、 ・ 係助詞 ・ 終助詞 ・連語 ・ 助動詞 ・ 動詞 ・ 名詞 としての用法がある。この中で学習上重要とされるのは、係助詞、終助詞、連語としての用法であるが、こ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ぜひもしらず/是非も知らず 連語 名詞「ぜひ」、係助詞「も」、ラ行四段活用「知る」の未然形「知ら」そして打消の助動詞「ず」の連用形「ず」が一語になったもの。 意味 我を忘れて、夢中になって。 [... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いたづらになる/徒らに成る 連語 形容動詞「いたづらなり」の連用形「いたづらに」とラ行四段活用「なる」が一語になったもの。活用は次の通り。 ラ行四段活用 |未然形|いたづらなら| |連用形|いた... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ぐゎんたつ/願立つ 連語 名詞「願」とタ行下二段活用「たつ」が一語になったもの。 意味 神仏に祈願する、願をかける。 [出典]: すける物思ひ 伊勢物語 「いとかくしもあらじと思ふに、真実に絶え... (全て読む)
1_80
Text_level_1
ゆるびもていく/緩びもて行く 連語 「ゆるびもていく」は、バ行四段活用の動詞「ゆるぶ」の連用形とカ行四段活用の動詞「もていく」の終止形がくっついた連語。 意味 だんだんとやわらいでいく、次第に緩... (全て読む)
9_80
Text_level_1
さるべきにや/然るべきにや 連語 ラ行変格活用「然り」の連体形「さる」と当然の助動詞「べし」の連体形「べき」、断定の助動詞「なり」の連用形「に」そして疑問の係助詞「や」が一語になったもの。 意味... (全て読む)
9_80
Text_level_1
かかるほどに/斯かるほどに ラ行変格活用「かかり」の連体形「かかる」と名詞「ほど」、そして格助詞「に」が一語になったもの。 連語 意味 こうしているうちに。 [出典]: かぐや姫の昇天 竹取物語... (全て読む)
9_80
Text_level_1
またいつかは 副詞「また」+代名詞「いつ」+係助詞または終助詞「かは」。 連語 意味 再びいつ-か。 [出典]: 漂泊の思ひ・旅立ち 奥の細道 「弥生も末の七日、あけぼのの空朧々として、月は有明... (全て読む)

1

2

3

4