新規登録 ログイン
検索条件
タグ

1

2

3

4

24_80
Text_level_1
はじめに ヒトは、生きている環境下で様々な刺激を受けています。 例えば耳が音を感知したり、鼻で匂いを嗅ぎ分けたりと、これらは私たちの体にある受容器(または感覚器官)と呼ばれる器官が周りからの刺激... (全て読む)
9_80
Text_level_1
故殿の御ために 故殿の御ために、月ごとの十日、経仏など供養ぜさせ給ひしを、九月十日、職の御曹司にてせさせ給ふ。上達部(かんだちめ)、殿上人いとおほかり。清範、講師にて、説くことはた、いとかなしけ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
月の名前 古典を読むうえで、月の名前を知っていることは大前提です。 1月は睦月、2月は如月、3月は弥生といったように各月は、それぞれ現在とは違った名前で呼ばれていました。 名前が、3月生まれなの... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ひがひがし/僻僻し 形容詞・シク活用 |未然形|ひがひがしく|ひがひがしから| |連用形|ひがひがしく|ひがひがしかり| |終止形|ひがひがし|◯| |連体形|ひがひがしき|ひがひがしかる| |... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ことなしびに/事無しびに ※名詞「ことなしび」+格助詞「に」とする場合もある。 副詞 意味 こともなげに、さりげなく。 [出典]: 二月つごもりごろに 枕草子 「皆いと恥づかしき中に、宰相の御答... (全て読む)
9_80
Text_level_1
しゃうらうびゃうし/生老病死 名詞 意味 (人として逃れられない) 四苦(生・老・病・死)。 ※仏教用語 [出典]: 世に従はん人は 徒然草 「生老病死の移り来る事、またこれに過ぎたり。」 [訳... (全て読む)
10_80
Text_level_1
静夜思(静夜の思ひ) ここでは、中国の詩人、李白の詠んだ句「静夜の思ひ」の原文と書き下し文、そして現代語訳を記しています。 [ad 001] この句は五つに並んだ漢字が四つのブロックからなる五言... (全て読む)
9_80
Text_level_1
奥の細道 旅立ち  このテキストでは「奥の細道」の冒頭「月日は百代の過客にして、行き交ふ年もまた旅人なり」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説、そして品詞分解を記しています。  タイトルが... (全て読む)
22_80
Text_level_1
腐敗していた教会 15、16世紀ごろのキリスト教は、本来のその姿とはかけ離れたものでした。例えば、神を信じるのであれば〇〇を買いなさいだとか、キリスト教徒でありたければ税金を納めなさいのように、... (全て読む)
11_80
Text_level_1
動名詞の否定 動名詞のさまざまな形についてみていきましょう。ここでは、動名詞を否定する方法について説明していきます。動名詞を含んだ文を否定文にするのではなく動名詞の否定ですので間違えないようにし... (全て読む)

1

2

3

4