新規登録 ログイン
検索条件
科目カテゴリ 古文:文章の訳/読み解き
タグ

1

2

3

4

1_80
Text_level_1
枕草子の冒頭『春はあけぼのやうやう白く~』の現代語訳 枕草子といえば、日本の古典の中でも非常に有名なものです。 「枕の草紙」とは、約300の部分に分かれた随筆のことで、大まかに以下の3つの種類に... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「防人に 行くは誰が背と問ふ人を 見るがともしさ 物思ひもせず」という歌について説明していきます。 原文 防人に 行くは誰が背と問ふ人を 見るがと... (全て読む)
1_80
Text_level_1
徒然草『今日はそのことをなさんと思へど』 ここでは徒然草の冒頭『つれづれなるままに』(つれづれなるままに、日暮らし、硯にむかひて、〜)の内容とポイントを記しています。 [ad 001] ポイント... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集に収録されている歌「道の辺に清水流るる柳陰 しばしとてこそ立ちどまりつれ」の原文、現代語訳(口語訳)、解説と品詞分解を記しています。 [ad 001] ※... (全て読む)
1_80
Text_level_1
徒然草『九月二十日のころ』 ここでは徒然草の一節『九月二十日のころ』(九月二十日のころ、ある人に誘はれたてまつりて〜)の内容とポイントを記しています。 [ad 001] ポイント・要点 ・女主人... (全て読む)
1_80
Text_level_1
宇治拾遺物語「絵仏師良秀」 このテキストでは、宇治拾遺物語の一節『絵仏師良秀』(これも今は昔、絵仏師良秀といふありけり〜)のポイント・要点を記しています。 [ad 001] ポイント・要点 ・仏... (全て読む)
1_80
Text_level_1
発心集『数寄の楽人』 このテキストでは、発心集の一節『数寄の楽人』(時光茂光の数寄天聴に及ぶ事〜)の内容とポイントを記しています。 [ad 001] ポイント・要点 ・時光と茂光が音楽に夢中にな... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集に収録されている歌「駒とめて袖打ち払ふ陰もなし 佐野のわたりの雪の夕暮れ」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解をしています。 原文 駒とめて袖打ち払ふ陰もな... (全て読む)
1_80
Text_level_1
伊勢物語『つひにゆく道』 このテキストでは、伊勢物語の一節『つひにゆく道』(昔、男わづらひて、心地死ぬべく〜)の内容とポイントを記しています。 [ad 001] ポイント・要点 人は死ぬというこ... (全て読む)
1_80
Text_level_1
枕草子『うつくしきもの』の原文・わかりやすい現代語訳と解説 このテキストでは、枕草子の一節「うつくしきもの」の原文、わかりやすい現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] 枕草... (全て読む)

1

2

3

4

枕草子、徒然草、平家物語などの古典文学や万葉集などの和歌の読解(現代語訳、文法解説、単語の説明)に関するテキストを集めたカテゴリです。