新規登録 ログイン
検索条件
科目カテゴリ 文法
タグ

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
今昔物語集『馬盗人』 ここでは今昔物語集の中の『馬盗人』の「この盗人はその盗みたる馬に乗りて」から始まる部分の品詞分解を行っています。 前回のテキスト 「しかる間、雨の音やまずに降る〜」の品詞分... (全て読む)
9_80
Text_level_1
蓬莱の玉の枝 ここでは、竹取物語の中の『蓬莱の玉の枝』(くらもちの皇子は、心たばかりある人にて〜)の品詞分解を行っています。 ※現代語訳: 『蓬莱の玉の枝』(くらもちの皇子は〜)わかりやすい現代... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『菅原道真の左遷(東風吹かば)』 ここでは、大鏡の「時平」から、「醍醐の帝の御時、この大臣、左大臣の位にて年いと若くておはします〜」から始まる部分の品詞分解をしています。書籍によっては、『菅原道... (全て読む)
9_80
Text_level_1
古文に出てくる品詞~形容詞~ 前回は動詞について勉強をしましたね。 今回は形容詞について説明をします。 形容詞 形容詞とは、現代語と同じように事や者の状態・性質・人の感情を表す言葉で、 終止形が... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『若紫・北山の垣間見・若紫との出会ひ』 このテキストでは、源氏物語の中の『若紫(あはれなる人を見つるかな〜)』の品詞分解をしています。「北山の垣間見」や「若紫との出会ひ」、「若紫の君」と... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『東下り・駿河 このテキストでは、伊勢物語「東下り」の「行き行きて、駿河の国にいたりぬ〜」から始まる部分のの品詞分解をしています。 ※現代語訳はこちら: 「行き行きて、駿河の国にいたりぬ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
係り結び ここでは 係り結びについて説明します。 係り結びとは、特定の言葉(Aとします)が特定の言葉(Bとします)の前後についたときに、Aの活用形が変化するという文法の法則のことです。係り結びを... (全て読む)
9_80
Text_level_1
枕草子『古今の草紙を』 ここでは、枕草子の『古今の草子を(いと久しうありて起きさせ給へるに)』を品詞分解をしています。タイトルが『古今の草子を』となっていますが、「清涼殿のうしとらの隅の北のへだ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
をりふしの移り変わるこそ このテキストでは、兼好法師の書いた徒然草の中の「をりふし移り変はること」(灌仏のころ、祭りのころ、若葉の梢涼しげに茂りゆくほどこそ〜)の品詞分解をしています。2回にわけ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
無名抄『おもて歌・おもて歌のこと』 ここでは無名抄の中の『おもて歌』の品詞分解を行っています。書籍によっては『おもて歌のこと』と題するものもあるようです。 品詞分解 ※名詞は省略しています。 俊... (全て読む)

1

2

3

4

四段活用、上一段活用、下一段活用、上二段活用、下二段活用、、カ行変格活用、サ行変格活用、ナ行変格活用、ラ行変格活用、ク活用、シク活用、ナリ活用、タリ活用、助詞、助動詞、係り結びの法則など、古典文学で学習する文法等に関するテキストを集めたカテゴリです。


知りたいことを検索!

 古文
 文章の読み解き
   文章の読み解き
 古文常識・文学史
   古文常識・文学史
 文法
   文法
 ことば
   単語
 その他
   その他

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。