新規登録 ログイン
検索条件
科目カテゴリ 文法
タグ

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
徒然草『主ある家には』 ここでは、 徒然草の一節『主ある家には』の品詞分解を記しています。 ※現代語訳はこちら: 徒然草 『主ある家には』の現代語訳と解説 [ad 001] ※徒然草は兼好法師に... (全て読む)
9_80
Text_level_1
枕草子『すさまじきもの』 このテキストでは、清少納言が書いた「枕草子」から『すさまじきもの』(すさまじきもの。昼吠ゆる犬〜)の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※現代語訳: 『すさまじ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
徒然草『久しく隔たりて会ひたる人の』 このテキストでは、 徒然草の一節『久しく隔たりて会ひたる人の』の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※現代語訳: 徒然草 『久しく隔たりて会ひたる人... (全て読む)
9_80
Text_level_1
発心集『叡実、路頭の病者を憐れむ事 』 ここでは、発心集の中の『叡実、路頭の病者を憐れむ事 』の品詞分解を行っています。 品詞分解 ※名詞は省略してあります。 山 に(格助詞)、 叡実阿闍梨 と... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『筒井筒』 このテキストでは、伊勢物語の23段「筒井筒」の「昔、田舎わたらひしける人の〜」から始まる部分の品詞分解を記しています。3回にわけて解説していますが、このテキストはその1回目で... (全て読む)
9_80
Text_level_1
蓬莱の玉の枝 このテキストでは、竹取物語の中の『蓬莱の玉の枝』(かかるほどに、男ども六人、つらねて、庭にいで来たり〜)の品詞分解を行っています。 ※現代語訳: 『蓬莱の玉の枝(かかるほどに、男ど... (全て読む)
9_80
Text_level_1
火鼠の皮衣 このテキストでは、竹取物語の一節「火鼠の皮衣」の「家の門に持て至りて立てり〜」から始まる箇所を抜粋して、その品詞分解を記しています。 [ad 001] ※現代語訳: 竹取物語『火鼠の... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語「車争ひ」 このテキストでは、源氏物語に収録されている「車争ひ」(大殿には、かやうの御歩きも〜)の品詞分解をしています。 ※現代語訳: 源氏物語「車争ひ」(大殿には、かやうの御歩きも〜)... (全て読む)
9_80
Text_level_1
土佐日記『二月四日/忘れ貝』 このテキストでは、 土佐日記の中の「四日。楫取り、『今日、風雲のけしきはなはだ悪し』と言ひて〜」から始まる部分の品詞分解を記しています。書籍によっては「二月四日」や... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『匂宮と浮舟』 ここでは源氏物語の「浮舟」の章から『匂宮と浮舟』の「夜のほどにて立ち帰り給はむも〜」から始まる部分の品詞分解をしています。 前回のテキスト 「かの人の御気色にも〜」の品詞... (全て読む)

1

2

3

4

四段活用、上一段活用、下一段活用、上二段活用、下二段活用、、カ行変格活用、サ行変格活用、ナ行変格活用、ラ行変格活用、ク活用、シク活用、ナリ活用、タリ活用、助詞、助動詞、係り結びの法則など、古典文学で学習する文法等に関するテキストを集めたカテゴリです。