新規登録 ログイン
検索条件
科目カテゴリ 文法
タグ

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
枕草子『ふと心劣りとかするものは』 ここでは、枕草子の中の『ふと心劣りとかするものは』の品詞分解をしています。 現代語訳はこちら 枕草子『ふと心劣りとかするものは』の現代語訳と解説 品詞分解 ※... (全て読む)
9_80
Text_level_1
古本説話集『平中が事』 ここでは、古本説話集の中の『平中が事』の後半部分(さしも心に入らぬ女のもとにても〜)の品詞分解をしています。 現代語訳はこちら 古本説話集『平中が事』の現代語訳・口語訳と... (全て読む)
9_80
Text_level_1
古今著聞集『能は歌詠み』 このテキストでは、古今著聞集の一節『能は歌詠み』(花園の左大臣の家に、初めて参りたりける侍の〜)の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※現代語訳: 古今著聞集『... (全て読む)
9_80
Text_level_1
紫式部日記「秋の気配」 このテキストでは、紫式部日記の一節「秋の気配」(秋のけはひ入り立つままに、土御門殿のありさま、いはむかたなくをかし〜)の品詞分解を記しています。 ※紫式部日記は、平安時代... (全て読む)
9_80
Text_level_1
蓬莱の玉の枝 このテキストでは、竹取物語の中の「蓬莱の玉の枝」の「これをかぐや姫聞きて、「『この奉る文を取れ』~」から始まる部分の品詞分解を行っています。 ※前回のテキスト: 『蓬莱の玉の枝』の... (全て読む)
9_80
Text_level_1
中納言参りたまひて このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の一節「中納言参りたまひて」の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※清少納言は平安時代中期の作家・歌人です。一条天皇の皇后であ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語『木曽の最期』の品詞分解 このテキストでは、平家物語の『木曽の最期』の「今井四郎、木曽殿、主従二騎になってのたまひけるは~」から始まる部分の品詞分解を記しています。書籍によっては「木曾最... (全て読む)
9_80
Text_level_1
これも仁和寺の法師 このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の中から「これも仁和寺の法師」の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※徒然草は兼好法師によって書かれたとされる随筆です。清少納... (全て読む)
9_80
Text_level_1
枕草子『はしたなきもの』 ここでは、清少納言の書いた「枕草子」の中の「はしたなきもの」の品詞分解を行っています。 ※現代語訳: 枕草子『はしたなきもの』わかりやすい現代語訳と解説 品詞分解 ※名... (全て読む)
9_80
Text_level_1
検非違使忠明のこと このテキストでは、宇治拾遺物語に収録されている、『検非違使忠明のこと・けびいしただあきらのこと』(これも今は昔、忠明といふ検非違使ありけり〜) の品詞分解を記しています。 [... (全て読む)

1

2

3

4

四段活用、上一段活用、下一段活用、上二段活用、下二段活用、、カ行変格活用、サ行変格活用、ナ行変格活用、ラ行変格活用、ク活用、シク活用、ナリ活用、タリ活用、助詞、助動詞、係り結びの法則など、古典文学で学習する文法等に関するテキストを集めたカテゴリです。