新規登録 ログイン
検索条件
科目 古文
タグ

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
ゑんず/ゑず/怨ず このテキストでは、サ行四段活用の動詞「ゑんず/ゑず/怨ず」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] サ行変格活用 |未然形|ゑんぜ| |連用形|ゑんじ|... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語『木曽の最期』の品詞分解 ここでは、平家物語の『木曽の最期』の「木曽大きに喜びて~」から始まる部分の品詞分解をおこなっています。書籍によっては「木曾最期/木曽最期」とするものもあるようで... (全て読む)
9_80
Text_level_1
こころづくし/心尽くし 名詞 意味 様々に物を思うこと、物思いの限りを尽くすこと。 [出典]:車争ひ 源氏物語 「笹の隈にだにあらねばにや、つれなく過ぎたまふにつけても、なかなか御心づくしなり。... (全て読む)
9_80
Text_level_1
とのばら/殿ばら このテキストでは、古文単語「とのばら/殿ばら」の意味、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 名詞 意味 身分の高い方々、皆様方。 ※身分の高い男性や武士に対する敬称... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『おのが世々』 このテキストでは、伊勢物語の第21段『おのが世々』(むかし、男、女、いとかしこく思ひかはして、こと心なかりけり〜)の品詞分解を記しています。書籍によっては「思ふかひなき世... (全て読む)
9_80
Text_level_1
なやましげなり/悩ましげなり このテキストでは、ナリ活用の形容動詞「なやましげなり/悩ましげなり」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 形容動詞・ナリ活用 |未然形|な... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ずうず/誦ず 「 ずず、」「ずす」、「じゅす」、「 ずんず」とも。 サ行変格活用 |未然形|ずうぜ| |連用形|ずうじ| |終止形|ずうず| |連体形|ずうずる| |已然形|ずうずれ| |命令形... (全て読む)
9_80
Text_level_1
まな/勿 このテキストでは、古文単語「まな/勿」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 副詞 意味 (禁止の意味を表す言葉で) だめだ、いけません。 [出典]: 宮に初め... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ぬ/寝/寐 このテキストでは、ナ行下二段活用の動詞「ぬ/寝/寐」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] ナ行下二段活用 |未然形|ね| |連用形|ね| |終止形|ぬ| |... (全て読む)
9_80
Text_level_1
蜻蛉日記 さる心ちなからん人にひかれて さる心ちなからん人にひかれて、又、知足院のわたりにものする日、大夫もひき続けてあるに、車どもかへるほどに、よろしきさまにみえける女ぐるまのしりに続きそめに... (全て読む)

1

2

3

4