新規登録 ログイン
検索条件
科目 古文
タグ

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
平家物語 祇園精舎 しかるを忠盛備前守(ただもりびぜんのかみ)たりし時、鳥羽院の御願、得長寿院を造進して、三十三間の御堂を建て、一千一体の御仏を据え奉る。供養は天承元年三月十三日なり。勧賞(け... (全て読む)
9_80
Text_level_1
うまる/生まる ラ行下二段活用 |未然形|うまれ| |連用形|うまれ| |終止形|うまる| |連体形|うまるる| |已然形|うまるれ| |命令形|うまれよ| 意味:自動詞 生まれる、生を受ける。... (全て読む)
9_80
Text_level_1
よむ/読む/詠む 「よむ」には ①読む ②詠む の用法があり、それぞれ意味が異なる。 マ行四段活用 |未然形|よま| |連用形|よみ| |終止形|よむ| |連体形|よむ| |已然形|よめ| |命... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語 教訓状 太政入道は、かやうに人々あまたいましめおいても、なほ心ゆかずや思はれけん、既に赤地の錦の直垂に、黒糸威の腹巻の、白金物打ったる胸板せめて、先年安芸守たりし時、神拝の次でに霊夢を... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いちはやし/逸早し 形容詞・ク活用 |未然形|いちはやく|いちはやから| |連用形|いちはやく|いちはやかり| |終止形|いちはやし|◯| |連体形|いちはやき|いちはやかる| |已然形|いちは... (全て読む)
9_80
Text_level_1
蜻蛉日記 六月のついたちの日 六月のついたちの日、 「御物忌(ものいみ)なれど、御門(みかど)のしたよりも」 とて文(ふみ)あり。あやしくめづらかなりと思ひてみれば、 「忌(いみ)は今はもすぎぬ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
なやまし/悩まし 形容詞・シク活用 |未然形|なやましく|なやましから| |連用形|なやましく|なやましかり| |終止形|なやまし|◯| |連体形|なやましき|なやましかる| |已然形|なやまし... (全て読む)
9_80
Text_level_1
蜻蛉日記 来そめぬれば 来そめぬれば、しばしばものしつつ、おなじことをものすれど、 「ここには、御ゆるされあらんところよりさぞあらんときこそは、わびてもあべかめれ」 といへば、 「やんごとなきゆ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いうなり/優なり ※現代仮名遣いでは「ゆうなり」。 形容動詞・ナリ活用 |未然形|いうなら|◯| |連用形|いうなり|いうに| |終止形|いうなり|◯| |連体形|いうなる|◯| |已然形|いう... (全て読む)
9_80
Text_level_1
俳句の世界で多大なる功績を残した人物が江戸時代に3人存在しました。 松尾芭蕉、与謝蕪村、小林一茶です。 松尾芭蕉 弟子の曽良とともに、東北・北陸・中部地方までの旅を記した紀行文「奥の細道」が一番... (全て読む)

1

2

3

4