新規登録 ログイン
検索条件
科目 中学国語
タグ

1

2

3

4

1_80
Text_level_1
はじめに ここでは、中国の詩人杜甫が詠んだ「春望」の書き下し文と現代語訳をしていきます。 国 破 山 河 在 城 春 草 木 深 感 時 花 濺 涙 恨 別 鳥 驚 心 烽 火 連 三 月 家 ... (全て読む)
1_80
Text_level_1
ある人、弓射ることを習ふに このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の中の「ある人、弓射ることを習ふに」の品詞分解をしています。 ※現代語訳: 「ある人、弓射ることを習ふに」の現代語訳と解説 品... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに ここでは、松尾芭蕉の書いた奥の細道の冒頭部分についてみていきます。 【原文】 月日は百代の過客にして、行き交ふ年もまた旅人なり。船の上に生涯を浮かべ、馬の口とらへて老いを迎ふる者は、日... (全て読む)
1_80
Text_level_1
むしずが走る むかむかするほど不快である、腹が立つ、イライラすることを”むしずがはしる”と言います。漢字では"虫唾が走る"もしくは"虫酸が走る"と書きます。そもそもこの"むしず"とは何なのでしょ... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「熟田津に 船乗りせしむと 月待てば 潮もかなひぬ 今は漕ぎ出でな」という歌について説明していきます。 原文 熟田津に 船乗りせしむと 月待てば ... (全て読む)
1_80
Text_level_1
すこし/少し 副詞 意味 わずかに、ちょっと、いくらか。 [出典]: にくきもの 枕草子 「老いばみたる者こそ、火桶のはたに足をさへもたげて、もの言ふままに押しすりなどはすらめ。さやうの者は、人... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の中から、「猫また」(奥山に、猫またといふものありて〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文 「奥山に、猫またといふもの ありて、人... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集に収録されている歌「人はいさ心も知らず ふるさとは花ぞ昔の香ににほひける」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解をしています。 原文 人はいさ心も 知らず ふる... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに おくの細道は、江戸時代の詩人松尾芭蕉によって作成された紀行文です。地元の伊賀から東北、北陸を旅したときに詠んだ俳句集というわけです。ここでは、おくのほそ道の中でよく目にする句の解説をし... (全て読む)
1_80
Text_level_1
伊勢物語『初冠』 ここでは伊勢物語の「初冠」(昔、男初冠して、平城の京、春日の里に〜)の内容とポイントを記しています。 ※詳しい現代語訳・口語訳とその解説はこちら 伊勢物語『初冠』のわかりやすい... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!

 中学国語
 現代文
   現代文:論説/評論文
   現代文:小説
   現代文:随筆
   現代文:短歌/俳句
 現代文:文法
   現代文:文法
 現代文:作家
   現代文:作家
 現代文:ことば
   現代文:漢字/単語/熟語/ことわざ
 現代文:その他
   現代文:その他
 古典:読み解き
   古文:文章の訳/読み解き
   漢文:文章の訳/読み解き
 古典:文法
   古文:文法
   漢文:文法
 古典:ことば
   古文:単語/ことば
   漢文:単語/ことば
 古典の基礎知識
   古文の基礎知識
   漢文の基礎知識
 古典:その他
   古典:その他