新規登録 ログイン
検索条件
科目 化学
タグ

1

...

4

5

6

7

8

9

10

23_80
Text_level_1
イオン 希ガス以外の原子には、一番近い希ガスに近づこうとする性質があります。 ちなみに希ガスとは、He(ヘリウム)、Ne(ネオン)、Ar(アルゴン)、Kr(クリプトン)、Xe(キセノン)、Rn(... (全て読む)
23_80
Text_level_1
はじめに 第1回は アボガドロ数とは何なのかについて、そして第2回は 物質量(モル)と質量、原子量との関係について説明をしました。そして第3回目である今回は、アボガドロの法則について説明をします... (全て読む)
23_80
Text_level_1
蒸発≠沸騰 やかん(鍋でもいいですが)に水を入れてふつふつと熱したとき、温度が上がるにつれて、だんだんと蒸気があがってきます。さらに熱を加えると蒸発がすすんでぐつぐつと煮立った状態になりますよね... (全て読む)
23_80
Text_level_1
混合物の分離方法 混合物から、その混合物を形成する純物質をとりだす方法を分離と言います。 分離には6パターンの方法がありますので、それぞれみてみましょう。 ろ過 中学生のころに実験でやられた方も... (全て読む)
23_80
Text_level_1
沸点上昇 溶媒に溶質を溶かすと、その溶液の沸点は溶媒の沸点よりも高くなります。 例えば食塩を水に溶かして食塩水としたとき、その沸点は水の沸点である100℃よりも高くなります。この性質のことを溶液... (全て読む)
23_80
Text_level_1
キロジュール 物質はそれぞれ、固有のエネルギーをまとっています。 C+ O _{2} \rightarrow CO _{2} のように化学反応が起これば、そのエネルギー量も変化することになります... (全て読む)
23_80
Text_level_1
酸化数の登場背景 2Cu+O2→2CuOのような反応はイオン結合なので、電子がどのように移動したのかがわかりやすいです。しかしながら世の中には、 電子がどのようにいったりきたりしたのかがわからな... (全て読む)
23_80
Text_level_1
単体と化合物、元素の登場 水素や酸素のように、物質的にそれ以上分解をすることができない物質を単体といいます。 一方で、水(H2O)や二酸化炭素(CO2)のように、分解すると2つ以上の物質にわかれ... (全て読む)
23_80
Text_level_1
鉄(Ⅱ)と鉄(Ⅲ)の反応 鉄には鉄(Ⅱ)と鉄(Ⅲ)と2種類のものがあります。 「(Ⅱ)」は酸化数が+2、「(Ⅲ)」は酸化数が+3ということです。 +2のものを酸化させると+3に、+3のものを還元... (全て読む)
23_80
Text_level_1
単体と化合物 水(H20)を電気分解すると、水素(H2)と酸素(O2)にわけることができます。 このとき、水は2つの物質から形成されている化合物であるといいます。 一方で、水素や酸素はそれ以上分... (全て読む)

1

...

4

5

6

7

8

9

10

知りたいことを検索!

 化学
 化学基礎:物質の構成
   化学基礎:単体/化合物/混合物
   化学基礎:熱運動と物質の三態
   化学基礎:原子の構造
   化学基礎:電子配置と周期表
   化学基礎:イオンとイオン結合
   化学基礎:金属と金属結合
   化学基礎:分子と共有結合
 化学基礎:物質の変化
   化学基礎:原子量・分子量と物質量
   化学基礎:化学反応式
   化学基礎:酸と塩基
   化学基礎:水素イオンとpH
   化学基礎:中和反応
   化学基礎:酸化還元反応
 化学:物質の状態とその変化
   化学:状態変化/分子間力/化学結合/固体の構造
   化学:気体の法則
   化学:溶液
 化学:物質の変化と平衡
   化学:化学反応と熱・光
   化学:電気分解/電池
 化学:化学反応と化学平衡
   化学:反応速度
   化学:可逆反応/化学平衡とその移動
   化学:電離平衡
 化学:無機物質
   化学:典型元素
   化学:遷移元素
 化学:有機化合物
   化学:炭化水素
   化学:官能基を含む有機化合物
   化学:芳香族化合物
 化学:高分子化合物
   化学:合成高分子化合物
   化学:天然高分子化合物
 その他
   その他