新規登録 ログイン
検索条件
タグ

1

...

3

4

5

6

7

8

9

9_80
Text_level_1
花は盛りに このテキストでは、兼好法師の書いた徒然草の中の「花は盛りに」の「望月の隈なきを、千里の外まで眺めたるよりも〜」から始まる部分の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※前回のテキ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『御法』 ここでは、源氏物語の『御法』の章から、「秋待ちつけて、世の中少し涼しくなりては」から始まる部分の品詞分解をしています。書籍によっては「紫の上の死」、「萩の上露」と題するものもあ... (全て読む)
12_80
Text_level_1
グラフがx軸に接する場合 問題 2次関数"y=2x²+4x−m"が、x軸と接するとき、定数mの値を求めなさい。またそのときの接点の座標を求めなさい。 ポイント 2次関数がx軸と接するための条件は... (全て読む)
9_80
Text_level_1
さとがちなり/里がちなり このテキストでは、ナリ活用の形容動詞「さとがちなり/里がちなり」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 形容動詞・ナリ活用 |未然形|さとがちな... (全て読む)
9_80
Text_level_1
更級日記 東にくだりし親 東にくだりし親、からうじてのぼりて、西山なる所におちつきたれば、そこにみな渡りて見るに、いみじううれしきに、月のあかき、夜ひとよ、物語などして、   かかる世もありける... (全て読む)
17_80
Text_level_3
自由党の衰退 板垣退助によって、フランス流の急進的な政党として結成した自由党ですが、政府の弾圧を受け解散に追い込まれます。 その背景には、自由党が起こしたいくつもの反政府的な事件がありました。 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
更級日記『物語・源氏の五十余巻』 ここでは、更級日記の中の一節『物語』の「かくのみ思ひくんじたるを」から始まる部分の品詞分解をおこなっています。書籍によっては「源氏の五十余巻」と題されるものもあ... (全て読む)
5_80
Text_level_1
【艫作駅】の読み方と由来 日本各地には、漢字の読み方が一般的なものではない難読地名がたくさんあります。地名の読み方と由来を知ることでその土地の意外な歴史を知ることができるかもしれません。 今回は... (全て読む)
9_80
Text_level_1
とり所なきもの とり所なきもの。 かたちにくさげに、心あしき人。 みそひめのぬりたる。 これ、いみじうよろづの人のにくむなるものとて、いまとどむべきにあらず。 また、あと火の火箸といふこと、など... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『ある人、弓射ることを習ふに』 このテキストでは、徒然草の中の「ある人、弓射ることを習ふに」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 [ad 001] ※徒然草は兼好法師によって書かれたとされ... (全て読む)

1

...

3

4

5

6

7

8

9