新規登録 ログイン
検索条件
科目カテゴリ 文法
タグ

1

2

3

4

5

6

7

8

9_80
Text_level_1
平家物語『木曽の最期』の品詞分解 このテキストでは、平家物語の『木曽の最期』の「木曾左馬頭、その日の装束には~」から始まる部分の品詞分解を記しています。書籍によっては「木曾最期/木曽最期」とする... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『筒井筒』 このテキストでは、伊勢物語の23段「筒井筒」の「昔、田舎わたらひしける人の〜」から始まる部分の品詞分解を記しています。3回にわけて解説していますが、このテキストはその1回目で... (全て読む)
9_80
Text_level_1
「かぐや姫の嘆き」の品詞分解 このテキストでは、竹取物語の中の「かぐや姫の嘆き」(かぐや姫のいはく、「月の都の人にて、父母あり〜)の品詞分解を行っています。書籍によっては「かぐや姫の昇天」と題す... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『紀有常』 このテキストでは、伊勢物語の第16段『紀有常』(むかし、紀有常といふ人ありけり〜)の品詞分解を記しています。書籍によっては「紀の有常」と題するものもあります。 品詞分解 ※名... (全て読む)
9_80
Text_level_1
竹取物語『かぐや姫の昇天』 このテキストでは、竹取物語の一節『かぐや姫の昇天』の「立てる人どもは~」から始まる部分の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※前回のテキスト: 『かかるほどに... (全て読む)
9_80
Text_level_1
城陸奥守泰盛は このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草に収録されている「陸奥守泰盛は」(城陸奥守泰盛は、双なき馬乗りなりけり〜)の品詞分解をしています。 ※現代語訳: 『城陸奥守泰盛は』わかり... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『うるはしき友』 このテキストでは、伊勢物語の第46段『うるはしき友』(むかし、男、いとうるはしき友ありけり〜)の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※伊勢物語は平安時代初期に書... (全て読む)
9_80
Text_level_1
大鏡『雲林院の菩提講』 ここでは、大鏡の中の『雲林院の菩提講(誰も、少しよろしき者どもは〜)』の品詞分解を行っています。 現代語訳はこちら 大鏡『雲林院の菩提講(誰も、少しよろしき者どもは〜)』... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、沙石集の一節「三文にて歯二つ」(南都に、歯取る唐人ありき〜)の品詞分解を行っています。書籍によっては「虫歯を抜く代価」や「歯取ること」などと題するものもあるようです。... (全て読む)
9_80
Text_level_1
方丈記「安元の大火」 このテキストでは、鴨長明が書いた方丈記の中から「安元の大火」(予ものの心を〜)の品詞分解を記しています。書籍によっては「大火とつじ風」と題するものや「いんじ安元三年四月二十... (全て読む)

1

2

3

4

5

6

7

8

四段活用、上一段活用、下一段活用、上二段活用、下二段活用、、カ行変格活用、サ行変格活用、ナ行変格活用、ラ行変格活用、ク活用、シク活用、ナリ活用、タリ活用、助詞、助動詞、係り結びの法則など、古典文学で学習する文法等に関するテキストを集めたカテゴリです。