新規登録 ログイン
検索条件
タグ

1

2

3

4

5

6

7

9_80
Text_level_1
もてなす/もて成す このテキストでは、サ行四段活用の動詞「もてなす/もて成す」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] サ行四段活用 |未然形|もてなさ| |連用形|もてな... (全て読む)
14_80
Text_level_1
2次方程式の解の判別 数学Ⅱの判別式の範囲での応用問題を解いてみましょう。 問題 2次方程式"x²+mx+m+2=0"が異なる2つの虚数解をもつときの定数mの範囲を求めましょう。 <ポイント> ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
発心集『数寄の楽人』 このテキストでは、発心集の中の『数寄の楽人』でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。 書籍によっては、『時光茂光の数寄天聴に及ぶ事』と題するものもあるようで... (全て読む)
16_80
Text_level_1
前回のおさらい 前回は、無限数列における「収束」について述べました。今回はその続きで「発散」について述べていきます。 数列{a _{n} } が、ある一定の値αに近づいていくことを「収束」と言い... (全て読む)
12_80
Text_level_1
グラフがx軸と共有点をもたない場合 "y=ax²+bx+c"においてa>0かつD<0のとき、次のことがいえます。 "y=ax²+bx+c"において、a>0かつD<0のとき ・"ax²+bx+c≧... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『須磨の秋』 このテキストでは、源氏物語の一節『須磨の秋(げに、いかに思ふらむ〜)』の品詞分解をしています。 [ad 001] ※現代語訳: 源氏物語『須磨の秋(げに、いかに思ふらむ〜)... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『住吉参詣』 このテキストでは、源氏物語の中の『住吉参詣』の「かの明石の舟、この響きにおされて」から始まる部分の品詞分解を行っています。このお話は「澪標(みおつくし)」の巻に記されてされ... (全て読む)
18_80
Text_level_2
フランク王国の征服 西ゲルマンの一部族だったフランク人は、6世紀初めに、クローヴィス(在位481~511)という王を中心にフランク王国を建国しました。こうして始まったのが、メロヴィング朝(48... (全て読む)
9_80
Text_level_1
蜻蛉日記 さてついたち三日のほどに さてついたち三日のほどに、午(うま)時ばかりに見えたり。老いてはづかしうなりにたるに、いとくるしけれど、いかがはせん。と許(ばかり)ありて、 「方ふたがりたり... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にしてください。 【源氏物語 原文】 南面に下ろして、母君も、とみにえものものたまはず。   「今までとまりはべるがいと憂きを、かかる御使の蓬生の露分け入りたまふにつ... (全て読む)

1

2

3

4

5

6

7