新規登録 ログイン
検索条件
タグ

1

2

3

4

5

6

7

24_80
Text_level_1
酵素の種類 生物の体の中では、異化、同化など様々な複雑なことが起こってます。これらがスムーズに進むように手助けをしているのが「 酵素」と呼ばれる物質です!この手助けの役目の事を、専門用語では「 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
をりふしの移り変わるこそ このテキストでは、兼好法師の書いた徒然草の中の「をりふし移り変はること」(をりふしの移り変はるこそ、ものごとにあはれなれ〜)の品詞分解をしています。2回にわけて書いてい... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語 祇王 「親の命を背かじと、つらき道におもむひて、二たび憂き目を見つることの心憂さよ。かくてこの世にあるならば、また憂き目をも見むずらん。今はただ身をなげんと思ふなり」 と言へば、妹の祇... (全て読む)
9_80
Text_level_1
わかし/若し このテキストでは、ク活用の形容詞「わかし/若し」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 形容詞・ク活用 |未然形|わかく|わかから| |連用形|わかく|わか... (全て読む)
3_80
Text_level_1
正負の数の掛け算と割り算 掛け算のことを乗法、割り算のことを除法と言います。 正負の数の掛け算と割り算には、次のようなルールがあります。 ①(+○)×(+△)=+○△ ②(+○)×(-△)=-○... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集で詠まれている「冬枯れの野辺とわが身を思ひせばもえても春を待たましものを」という歌について説明していきます。 原文 冬枯れの野辺とわが身を思ひせば もえても... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集で詠まれている「うちしめりあやめぞかをるほととぎす鳴くや五月の雨の夕暮れ」という歌について説明していきます。 原文 うちしめりあやめぞかをるほととぎす鳴く... (全て読む)
18_80
Text_level_2
はじめに 二回にわたってルネサンスの成立から活躍した芸術家を見て行きましたが、このテキストでは隆盛を誇ったルネサンスが衰退していった理由について説明します。 ルネサンス衰退の理由とは さまざまな... (全て読む)
9_80
Text_level_1
こちたし/言甚し/事甚し/言痛し/事痛し このテキストでは、ク活用の形容詞「こちたし/言甚し/事甚し/言痛し/事痛し」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 形容詞・ク活... (全て読む)
9_80
Text_level_1
やぶる/破る このテキストでは、古文単語「やぶる/破る」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] ※「やぶる」には、 ①ラ行四段活用 ②ラ行下二段活用 の用法がある。 ①ラ... (全て読む)

1

2

3

4

5

6

7