新規登録 ログイン
検索条件
タグ

1

2

3

4

5

6

17_80
Text_level_1
はじめに 室町時代初期の文化のことを北山文化と呼びます。 ここではその詳細についてみていきましょう。 建築物 鹿苑寺金閣 北山文化の最たる象徴は、やはり鹿苑寺金閣(金閣寺)でしょう。 3大将軍足... (全て読む)
9_80
Text_level_1
土佐日記『海賊の恐れ』 このテキストでは、土佐日記の中の「二十三日。日照りて曇りぬ〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。書籍によっては「海賊の恐れ」と題するものもあるよう... (全て読む)
14_80
Text_level_1
増減表の描き方 関数の増減についてまとめたものを増減表と言います。 次の例題を通じて増減表について学んでみましょう。 f(x)=x^{3}-6x^{2}+9xについて次の問題に答えよ (1)f'... (全て読む)
12_80
Text_level_1
"かつ"と"または"の否定 2つの条件pとqについて、"pかつq"、"pまたはq"を否定する問題がよく出題されます。 やっかいに思えるかもしれませんが、やり方さえ覚えていれば身構える必要はありま... (全て読む)
1_80
Text_level_3
「海鞘」の正しい読み方 言葉の意味は知っているけどなかなか読むことができない。そんな漢字にフォーカスしていきます。今回は「海鞘」です。このテキストでは「海鞘」の正しい読み方とその由来について解説... (全て読む)
9_80
Text_level_1
さむ/覚む/醒む このテキストでは、マ行下二段活用の動詞「さむ/覚む/醒む」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 「さむ」には ①覚む/醒む ②冷む などの用法があるが... (全て読む)
4_80
Text_level_1
勘合貿易 室町幕府の3代将軍足利義満の頃、中国では明(みん)が勢力を伸ばしていました。義満は明との貿易、すなわち日明貿易をおこなっていました。 この頃、日本と明とを結ぶ海域には倭寇(わこう)と呼... (全て読む)
9_80
Text_level_1
うしろみ/後ろ見 このテキストでは、古文単語「うしろみ/後ろ見」の意味、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 名詞 意味1 世話をすること、世話をする人。 [出典]: 若紫・北山の垣... (全て読む)
9_80
Text_level_1
きく/聞く/聴く このテキストでは、カ行四段活用の動詞「きく/聞く/聴く」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] カ行四段活用 |未然形|きか| |連用形|きき| |終止... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語 殿下乗合 資盛(すけもり)朝臣(あそん)はふはふ六波羅へおはして、祖父の相国禅門に、この由うっへ申されければ、入道大きに怒って、 「たとひ殿下なりとも、浄海があたりをば、憚(はばか)り... (全て読む)

1

2

3

4

5

6