新規登録 ログイン
検索条件
タグ 源氏物語

1

2

3

4

5

9_80
Text_level_1
こころおきて/心掟 このテキストでは、古文単語「こころおきて/心掟」の意味、解説とその使用例を記している。 [ad 001] ※「こころのおきて」とも。 名詞 意味1 気立て、性格。 [出典]:... (全て読む)
9_80
Text_level_1
とぶらひ/訪ひ このテキストでは、古文単語「とぶらひ/訪ひ」の意味、解説とその使用例を記している。 [ad 001] ※ハ行四段活用「 とぶらふ」の連用形「とぶらひ」が名詞化したもの。 名詞 意... (全て読む)
9_80
Text_level_1
なし/無し/亡し このテキストでは、ク活用の形容詞「なし/無し/亡し」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 形容詞・ク活用 |未然形|なく|なから| |連用形|なく|な... (全て読む)
9_80
Text_level_1
こゆ/越ゆ/超ゆ このテキストでは、ヤ行下二段活用の動詞「こゆ/越ゆ/超ゆ」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 「こゆ」には ①越ゆ/超ゆ ② 肥ゆ ③臥ゆ などの用... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ただ/唯/只 このテキストでは、古文単語「ただ/唯/只」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 「ただ」には ・直 ・唯/只 の用法があり、それぞれ意味が異なる。ここでは... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ひきしのぶ/引き忍ぶ 「ひきしのぶ/引き忍ぶ」には ①バ行四段活用 ②バ行上二段活用 の用法があるが、意味はどちらも同じである。 ①バ行四段段活用 |未然形|ひきしのば| |連用形|ひきしのび|... (全て読む)
9_80
Text_level_1
さわぐ/騒ぐ このテキストでは、ガ行四段活用の動詞「さわぐ/騒ぐ」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] ガ行四段活用 |未然形|さわが| |連用形|さわぎ| |終止形|... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『若菜上』 ここでは、源氏物語の『若菜上』の章から、「かの紫のゆかり」から始まる部分の品詞分解をしています。 現代語訳はこちら 「若菜上(かの紫のゆかり〜)」の現代語訳と解説 品詞分解 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
とどこほる/滞る ラ行四段活用 |未然形|とどこほら| |連用形|とどこほり| |終止形|とどこほる| |連体形|とどこほる| |已然形|とどこほれ| |命令形|とどこほれ| 意味1:自動詞 停... (全て読む)
9_80
Text_level_1
まへわたり/前渡り 名詞 意味1 前を通っていくこと。 [出典]:車争ひ 源氏物語 「物も見で帰らむとしたまへど、通り出でむ隙もなきに、『事なりぬ。』と言へば、さすがにつらき人の御前渡りの待たる... (全て読む)

1

2

3

4

5