新規登録 ログイン
検索条件
タグ 源氏物語

1

2

3

4

5

9_80
Text_level_1
いまは/今は 「いまは」には ①連語 ②名詞 としての用法がある。 ①連語 名詞「いま」と係助詞「は」が一語になったもの。 意味 今となっては、もうこれまで、こうなった以上は。 [出典]: 忠度... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『橋姫』 ここでは、源氏物語の『橋姫』の章から、「秋の末つ方、四季にあててし給ふ御念仏を」から始まる部分の品詞分解をしています。 現代語訳はこちら 「秋の末つ方、四季にあててし給ふ御念仏... (全て読む)
9_80
Text_level_1
つれづれなり/徒然なり このテキストでは、ナリ活用の形容動詞「つれづれなり」の意味、活用、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] 形容動詞・ナリ活用 |未然形|つれづれなら|◯| |... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『藤壺の入内』 このテキストでは、 源氏物語「桐壷」の章の一節『藤壺の入内』(源氏の君は、御あたり去り給はぬを〜)の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。書籍によっては『藤壺の... (全て読む)
9_80
Text_level_1
みす/見す このテキストでは、古文単語「みす/見す」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] ※「みす」には ①サ行四段活用 ②サ行下二段活用 の用法がある。 ①サ行四段活... (全て読む)
9_80
Text_level_1
とどむむ/止む/留む/停む このテキストでは、古文単語「とどむむ/止む/留む/停む」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 「とどむ」には ①マ行上二段活用 ②マ行下二段... (全て読む)
9_80
Text_level_1
なかなか このテキストでは、古文単語「なかなか」の意味、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] ※「なかなか」は ①副詞 ②感動詞 としての用法がある。 ①副詞 意味1 なまじっか。... (全て読む)
9_80
Text_level_1
やすし/安し/易し このテキストでは、ク活用の形容詞「やすし/安し/易し」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 「やすし」には ①安し ②易し ③補助形容詞 の用法があ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『薄雲』 このテキストでは、 源氏物語の一節『薄雲』の「 雪、霰がちに、心細さまさりて〜」から始まる部分の原文、現代語訳・口語訳とその解説をおこなっています。書籍によっては『母子の別れ』... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『須磨の秋・心づくしの秋風』 このテキストでは、 源氏物語『須磨』の一節「須磨の秋(須磨には、いとど心づくしの〜)」の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。書籍によっては『心づ... (全て読む)

1

2

3

4

5